日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:買い物( 4 )

東京で買い物

先週東京に出かけたので・・・
e0231646_22095555.jpg


前に見つけたスパイシーフードネットワークという店で、夫に頼まれていたインドスナックを買ってきました。
ついでにピクルスとココナツ・パプディも買っちゃいました。
e0231646_22095552.jpg


そして、ここまで来たら、やっぱり吉池に行かないと・・・
e0231646_22095639.jpg


初めてお酒売り場をちゃんと見たのですが、「ポンポコ研究所(アジアのお酒)」で紹介されていたよしいけビールを買ってきました!
ポンポコ研究所のせいで人気沸騰中なのか、2本だけ棚に並んでいたので、買い占めてきました(笑)
e0231646_22095617.jpg


普通に冷やして飲んだのですが、これがなかなかおいしいビールでした。
私の舌は当てにならないけれど、ヴァイツェンなどに似ているような気もしました。
まろやかな感じなのだけど味がちゃんとあって、これならつまみ無しでも5本くらい飲めそうと思いました。
炭酸がきつくなくて苦味も強くないということで、夫も非常に気に入ったようですが、褒め言葉が「昔のゴールデンイーグルみたいにおいしい」というのはインド人じゃないと理解できないかも。
e0231646_22095727.jpg

e0231646_22095792.jpg


よしいけビールも新潟で作っているようですが、吉池と新潟は縁が深いのか(?)食料品の売り場には奥越後の新鮮野菜のコーナーというのがあって、ついつい黄色いカリフラワーと白いハヤト瓜を買ってしまいました。
e0231646_22095848.jpg


舟和も吉池の中に入っているので、会社の人たちにこんなものを買って・・・
e0231646_20573759.jpg


これがおいしくて評判はよかったのですが、インドスナックや野菜などビニール袋に入った荷物が増えすぎて、スーパーで買い出しした帰りのおばちゃんみたいな姿で帰りの新幹線に乗ることになったのでした・・
e0231646_20574592.jpg

[PR]
by pudina | 2015-11-25 22:51 | 買い物 | Trackback | Comments(4)
今回購入したメキシコビール デイオブザデッドのうち、最後に飲んだのがヘフェヴァイツェンです。
e0231646_1745389.jpg

ラベルの説明には、小麦を用いた苦みの少ない白ビールで、バナナやクローブの爽やかな香りが特徴と書いてありました。
白ビールと言っても、日本でよくあるビールよりは赤みが強いように思いますが、デイオブザデッドの他の種類の写真を見直してみたら、たしかにこれは色が薄いです。
飲んでみると、クローブというのはよく分からなかったけれど、本当にバナナのようなフルーティーな香りで驚きました!
普段飲むことが多い日本のビールとも、インドで飲まざるをえない(笑)インドのビールとも全く違う味わいのビールですが、夫はえらく気に入ったみたいで、私も面白い味だけどおいしいビールだと思いました。
アルコール度数は5.5%ということです。

デイオブザデッド以外に1本だけ買ってみたメキシコビールがこちら。
モデロ社のネグラモデロというビールです。
e0231646_1811897.jpg

このビールは米も使っているみたい。
e0231646_182196.jpg

買った店のホームページの説明では、スタイルはウィンナー・スタイル・ラガーで、「メキシコで最も味わい深いビールの一つ。オーストリアの伝統を踏襲した素晴らしい味わい。」ということです。
オーストリアのビールなど飲んだことはないですが、デイオブザデッドみたいな個性はないとしても、誰が飲んでもおいしいと思うような非常によくできたビールだと思いました。
これもアルコール度数は5.5%。

デイオブザデッドには、もう1種類IPA(インディアペールエール)があるのですが、ちょうど品切れで買うことができませんでした。
「インディア・ペールエールって何でインド?」と思ってwikipediaなどで調べてみると、東インド会社の時代にイギリスからインドへビールを輸出するのに、ホップを多くいれたビールだと長期間の輸送による悪影響がなかったとかいうことが名前の由来みたいです。
デイオブザデッドでなくてもよいのでIPAを飲んでみたいと思い、買ってみたのがこちら。
スコットランドのブリュードック醸造所のパンクIPAです。
e0231646_18165196.jpg

事前にちょっと調べていた通りでグレープフルーツというか柑橘系の香りが強いです。
苦みや香りがもっと強烈なのかと思っていたら、案外飲みやすくておいしいビールでした。
IPAは今はいろいろな国で作っているようなので、また他のものを飲んでみたいです。
これはアルコール度数は5.6%でした。
[PR]
by pudina | 2014-10-27 22:19 | 買い物 | Trackback(2) | Comments(4)

DAY OF THE DEAD BEER

先日メキシコ料理を食べに行った時に気になったのがこちら。
e0231646_18365341.jpg

メキシコのデイ オブ ザ デッドというクラフトビールです。
小瓶に800円も出す決心ができなかったのですが、その後も気になっていたので、ネットショップから取り寄せてみました。
全部で4種類あるようですが、私が買った店ではその時IPA(インディアペールエール)が品切れだったため、3種類購入しました。

最初に飲んだものが、アンバーエールです。
e0231646_18422982.jpg

「ポンポコ研究所(アジアのお酒)」でよく見るように、ビールを注いだグラスと瓶を並べて写真を撮ろうとしたら、これがなかなか難しかったです(笑)
ビールの名前は、瓶の首の部分のラベルの髑髏の左側にDAY OF THE DEAD BEERとありますが、右側にスペイン語では、CERVEZA DE LOS MUERTOSと書いてあります。
デイ オブ ザ デッドというとゾンビの映画を思い出してしまったのですが、死者の日ってメキシコでは盛大なお祭りのようになるのでしたっけ。
でもスペイン語CERVEZA DE LOS MUERTOSは多分死者のビールという意味だと思います。
製造元は、CERVECERIA MEXICANAですが、アメリカに輸出されたものが日本に入ってきているのかな。
e0231646_19282381.jpg

こんな日本語のラベルも貼ってありますが、書いてあるようなトフィー、キャラメル、コーヒーの香りはそんなに強く感じませんでした。
香りや苦みなど何かが突出しているわけではなく、バランスのいいビールだと思いましたが、それでもしっかり味に深みがあるのが気に入りました。
e0231646_19291436.jpg

アルコール度数は5.5%。

次に飲んだのが、ポーターというものです。
e0231646_19345680.jpg

「焙煎した茶色麦芽を用いた、コーヒー、チョコレート、キャラメルなどの香ばしさが特徴の黒色エール」という説明書きがついています。
なるほど、これは説明に納得だけど、コーヒーよりはむしろ紅茶のような風味に最初感じました。
苦みは強くなくて、黒ビールにしてはさっぱりしているというか最初は薄いような気すらしたのですが、飲み続けるとだんだんおいしく思えてきて、飲み続けたくなる不思議なビールでした。
こちらは、アルコール度数は5%。

おつまみは、家にあるものではメキシコ料理は作れそうになかったので、タイ料理。
このレシピを見てサバ缶のナムプリックを作ってみました。
このディップ、潰している時は色合いが何だかなあという感じなのですが、野菜につけて食べるとおいしくて、夫も非常に喜んでいました。
茹でたオクラが一番気に入りました!
メキシコビールとの相性もそんなに悪くはなかったです(笑)
e0231646_19421637.jpg

ご飯のおともにも案外よかったです。
e0231646_19441528.jpg


デイオブザデッドの残り、ヘフェヴァイツェンは次回にでも紹介します。
[PR]
by pudina | 2014-10-18 19:53 | 買い物 | Trackback | Comments(8)

赤福氷と朔日餅

先週食べたのがこちら。かき氷なんて食べるのは、15年ぶりくらいかも(笑)
e0231646_22331093.jpg

これは伊勢名物の赤福が夏季限定で出している赤福氷です。
抹茶蜜のかかった氷を食べていくと、中から餡子とお餅が出てきます。
e0231646_22333496.jpg

赤福餅がそのまま入っているわけではなくて、かき氷専用の餅と餡だそうです。
餅は氷の中に入っているわりには柔らかかったけれど、赤福餅よりはしっかりしているのかなあ。
なかなかおいしかったし、頭がキーンとはしなかったけれど、お腹と喉が思いっきり冷えてしまったかも・・・
私が行ったJR大阪三越伊勢丹店では、10月6日まで食べられるようですが、もっと暑いうちに食べればよかったです。

3個入パックなんていうものがあったので、久しぶりに赤福も買ってみました。これも食べるのは20年ぶりくらいかも(笑)
e0231646_22342388.jpg

実は私、和菓子はそれほど好きではなくて、中でもこし餡は苦手。しかも赤福は甘すぎるイメージだったのですが、久しぶりに食べると思っていたよりはおいしかったです。
e0231646_22344417.jpg


そんな私が何で赤福の店に行ったかというと、毎月一日にだけ販売される朔日餅というものがあると知ったからです。
毎月違うお餅なので、同じものは一年に一度しか買うことができません。
基本的に予約販売なので、当月分を買いに行ってついでに翌月分を予約するという無限ループにはまることになるらしい!?
まず一度買ってみようと9月1日に10月の朔日餅を予約しに行ったところ、キャンセル分を販売しているということで、思いがけず9月の萩の餅を買うことができました。
e0231646_22364063.jpg

つぶ餡の小豆の色や形を咲きほこる萩の花に見たてたのがおはぎの由来ってそんなの知りませんでした。
e0231646_2237341.jpg

つぶ餡のおはぎは結構好きだし、良質の材料を使った昔ながらのおはぎという感じでおいしかったです。
e0231646_22372283.jpg

明日は10月の朔日餅を引き取りに行くのを忘れないようにしないと!(笑)
[PR]
by pudina | 2014-09-30 21:57 | 買い物 | Trackback | Comments(0)