日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:タイ( 51 )

タイでの買出しの成果

ブログをやる気が出ない上にPCまでおかしいのですが、ちょこっとUPしてみます。

今回タイで買ってきたものは大体こんな感じ。
一部、現地で消費予定だったけれど帰国まで残っていて捨ててくるのも惜しかったから持ち帰ったものが含まれております(笑)
e0231646_22154376.jpg


後は、土産用に買ったものの一部とか・・・
e0231646_22154487.jpg


暇潰しに開けたつもりのタイ航空免税品冊子に真剣にはまってしまい、100ドル買ったら20ドル割引みたいなクーポンまで使って入手したものはこちら。
e0231646_22154419.jpg


他にもあるのですが、ヒット商品はおいおい記事にするかもしれません。

[PR]
by pudina | 2016-05-24 22:15 | タイ | Comments(4)

クラビ

今日はランタ島からクラビに移動してきました。
e0231646_00595751.jpg


ランタもいいけど、やっぱりクラビが好きかも。
アオナンビーチ沿いは前回より何だか交通量も増えて開発されすぎた感じですが・・・
e0231646_00595799.jpg


これは明日にでも食べる予定001.gif
e0231646_00595746.jpg




[PR]
by pudina | 2016-05-02 00:52 | タイ | Comments(2)

お出かけ

ブログもサボりまくりですが、ちょろっとお出かけします。
e0231646_23290175.jpg


ラーメン食べて出発のつもりが、空港なのに10時閉店だったので、こんなのになってしまった(笑)
e0231646_23290184.jpg

e0231646_23290112.jpg


ゲートからどう頑張っても機体が綺麗に見えないけれど、久しぶりのタイ航空です!
e0231646_23290120.jpg


[PR]
by pudina | 2016-04-27 23:24 | タイ | Comments(4)
さて、帰りたくはないけれど、空港へ向かわないと。
大通りへ出る前、ホテルの近くでナイトマーケットの準備をしているじゃないですか!
移動マーケットでたぶん週1回の開催だと思うので、滞在中にあたらなかったのはしかたないけれど、残念・・・

クラビ空港で出国したら、待合室はガラガラ。
飛行機も空いているかと思ったけれど、国際線乗り継ぎじゃない人たちは別の部屋から合流してくるのでした。
e0231646_13493751.jpg

バンコクエアウェイズのおやつサービスコーナーがあったので・・・
e0231646_13511215.jpg

ちょこっと持ってきました!
e0231646_135157100.jpg

帰りの便のヒンドゥーミールは、蒸したような鶏肉がドドンと出てきました。
e0231646_13532356.jpg

隣の人の食事を覗いてみたら、普通の機内食もハムのスライスがドドンと盛られたようなものでした(笑)
こういう山の上のお寺は大好きなので行ってみたいとか・・・
e0231646_135548100.jpg

ミャンマーの列車にも乗りたいし、と未来に目を向けてさみしい気持ちにならないようにしつつ(?)スワンナプームに到着。
e0231646_1357139.jpg

もう出国しちゃってるからすることもないし、関空へは便名がJALだからバンコクエアウェイズのラウンジも使えず、何か食べようということになったのだけど、何もかも高すぎる・・・のでもう少し店を探してみたら、ハラールフードの店を見つけました。
e0231646_1433281.jpg

こうなったらとことんまでハラールで行こうと思ったわけではないけれど、ここならまだ100バーツ強で食べられそうなので食べていくことに。
e0231646_1442042.jpg

まさかクラビで食べられずに、バンコクの空港でビリヤニを食べることになるとは(笑)
ここでもカオモックガイじゃなくて、ベリアニとか書いてあったようです。
インドのとは違ってカレーピラフのような感じですが、結構おいしかったです。
e0231646_1461086.jpg

夫は最後まで魚、それもナマズ。
e0231646_1481080.jpg

最後に(ハラールな)タイ料理も食べられたし、日本に帰るとしましょう。
今のところ予定はないけれど、また来年もタイに来られるといいなあ。
e0231646_14901.jpg

これでギリギリ同じ年のうちにクラビ旅行記も完了。
皆様、よいお年をお迎えください!
[PR]
by pudina | 2014-12-31 21:21 | タイ | Comments(2)
クラビ旅行記も何とか年内に終わらせなければ・・・
マッサージを受けて、ビーチで休憩した後は、The Last Fishermanを出たあたりの店で最後のパンケーキ!
というほどパンケーキも食べなかったなあ。
e0231646_12502037.jpg

マンゴーかバナナにしたはずだけど、焼いている写真を一生懸命見つめても思い出せず・・・(笑)
e0231646_1251868.jpg

マッサージおばちゃんに引っかかったあたりで座って食べました。
e0231646_12521021.jpg

その後はホテルの近くまで歩いて戻ってきました。
雨はまた降ったり止んだり・・・
モスクも見納めです。
e0231646_12532121.jpg

15時頃だったか、もしかしてビリヤーニがあるかもと昨日夕食を買った店で聞いてみたけれど、同じ店員さんに「あんたたち、こんな時間に来てもビリヤーニはとっくに終わっちゃったわよ」と身振りで伝えられました・・・
というわけで、やっぱりいつものお店に。
e0231646_12574059.jpg

夫はまた魚カレー。毎日数種類魚カレーのような料理があったので、飽きずに楽しめたようです。
e0231646_1258936.jpg

私は、あっさりしたものがよかったので、これを選びました。ヘチマかキュウリか見た目では分からなかったのだけど、ヘチマだったので満足。
e0231646_1304135.jpg

今回最後のタイ紅茶(笑)
e0231646_1311135.jpg

食後はもう一度テスコロータスまで行って、インスタントラーメンやらを買い足してから、昼食を食べた店の向かいにあった八百屋兼雑貨屋みたいな店でタマリンドなどを買って買い物も終了。
e0231646_13252860.jpg

ホテルに戻って、買ってきたものをスーツケースに入れたいと言うと、事務所内の場所を貸してくれたのですが、食べるものばかり買っているのを見た従業員の人たち「家でもタイ料理を作るの?」とか結構盛り上がってくださいました(笑)
頼んでいた空港への車が出る時間まで1時間くらいだったのですが、空いている部屋を使っていいと言うので、シャワーを浴びさせてもらうことにしました。
部屋を汚さないように気を付けつつも、ちゃっかり写真撮影。
e0231646_1330868.jpg

たぶんCoconut Cottageというカテゴリーの部屋だと思うけれど、泊まっていたPond Cottageより少し狭いもののこの部屋でも十分かも。
バルコニーも若干こじんまりしているけど、プライバシーは守られる感じでした。
でも部屋のカテゴリーを調べるために何となく料金を見てみたら、やっぱりハイシーズンは高くて泊まれそうにないけれど・・・(笑)
e0231646_13314395.jpg

[PR]
by pudina | 2014-12-30 13:39 | タイ | Comments(2)
まだまだ帰りたくないけれど、この日は夕方には空港に向かわないと!
前日にチェックアウトを少しでも遅くできないか聞いてみたけれど、さすが人気ホテル、次のお客さんが来るからと断られてしまいました。
なので、昼まで部屋でゆっくりして、午後はどこかでボケ~っと時間を潰そうということにしました。
もう帰るとなると、悔しいけど結構いい天気(笑)
e0231646_1251423.jpg

9時半頃レストランへ。
e0231646_1252404.jpg

選べるメニューから、夫はツナサンドイッチを選択。おいしかったそうです。
e0231646_12532178.jpg

私はRoti with Spiced Curryとかいうものを頼みました。それでも甘い料理が出てきたらどうしようかビクビクしていたけど、さすがに大丈夫でした♪
e0231646_12543553.jpg

ロティは甘いパンケーキとは材料が違うようで、南インドのパロータよりもしっかりした生地だけど、サクサクとおいしかったです。
カレーは、家で作る南インドのクルマ(Kurma)のような感じ(笑)
具は野菜だけでノンベジ材料は入ってなさそうでしたが、味わい深くておいしかったです。
e0231646_12562744.jpg

ブッフェからもちょこっと取ってきて・・・
e0231646_1258222.jpg

メニューからオムレツも追加。朝からよく食べました!
e0231646_12583138.jpg


荷物をまとめてお昼頃にチェックアウト。
レセプションは違う人がいたので、「やっぱりもう部屋は使えないよねえ」としつこく聞いてみました(笑)
すると、泊まっていた部屋と違うカテゴリーの部屋なら、後で何時間か使っていいよと言ってくれました!
お姉さん、ありがとう~♪
とりあえず、最後にビーチに行って買い物してくるね、と言うと、シャトルが出る時間ではなかったけれど、アオナンまで乗せていってくれました。
ボケ~っと海を眺めてクラビとの別れを惜しんでいると、日傘(と言っても巨大な雨傘)をさしたマッサージ屋の客引きおばちゃんが登場。
e0231646_13333115.jpg

時間潰しにマッサージもいいなとは思っていたけれど、昼過ぎまで半額の店でよいかなと思っていたのに、夫がおばちゃんのチラシを受け取ってる!(インド人なんだしその辺りしっかりしてほしいです。)
おばちゃんの言い値は、どれでも好きなマッサージを2人1時間で500バーツ。
一旦その場を離れて逃げてみました。
結局、半額サービスの店よりは高いけど、これも縁だし(?)おばちゃんの店に行ってみようかと元の場所に戻ったら、ばっちり同じおばちゃんに捕まりました(笑)
半額サービスをやっているマッサージ屋が並ぶあたりを通りすぎて・・・
e0231646_13411088.jpg

あれ?この中はレストランバーだけかと思っていたのに、入り口を入っていくんだ?
e0231646_13422524.jpg

このLast Fishermanという店を通り過ぎると、壁のない小屋のようなマッサージ屋がずらっと並んでいました!
e0231646_13451432.jpg

おばちゃんに連れて行かれた店は5番(だったはず・・・)
e0231646_1346027.jpg

マッサージは、ここでオイルマッサージなんか受けて、中途半端にオイルを拭き取られた状態で飛行機に乗ることになっても困ると思い、私はタイマッサージ、夫は足マッサージにしました。
この辺りだと、店がどうこうというより、たまたまあたったマッサージ師の腕だと思うけど、結構よかったですよ。
で、ここのよいところが、店の前に椅子が置いてあって、マッサージを受けた後はそこでゆっくりできること。
椅子のあるエリアもちゃんと店の番号が振ってあって、最初間違って隣に座っていたら、「5番に座りなさい」と言われたけれど(笑)
e0231646_13491338.jpg

この辺り、海が綺麗とまではいかないけれど、アオナンど真ん中よりは雰囲気がよくて半日くらいのんびりできそうでした。
今度はマットを持って(?)ここに来ようっと。
このビーチの存在が分かっただけでも、おばちゃんについて来た価値があったかなと思いました。
[PR]
by pudina | 2014-12-23 14:01 | タイ | Comments(3)
ポダ島にて。
最悪壊れてもあきらめがつくカメラに防水カバーを装着して持って行ったのですが、水滴たっぷりな写真になってしまいました(笑)
e0231646_16143336.jpg

次はチキン島に向かいました。
本当に鶏の形です!
e0231646_16163112.jpg

で、この雨の中シュノーケリング・・・するんだよね?
と思ったけれど、いざ開始すると楽しい。
防水バッグ入りカメラで二人で必死に写真を撮ろうとしたのだけど、「よく見るとここに魚が」という写真ばかり(笑)
もっと綺麗な海を知っている人にはつまらないのかもしれないけれど、よくいる縞々の魚以外にも(目を凝らすと)いろんな色の魚がいて楽しかったです。
晴れて視界がよければもっと楽しめるはずです。
e0231646_16184811.jpg

我らのツアーのボートですが、暗すぎて遭難している人たちみたい(笑)
e0231646_16212753.jpg

最後の目的地がタップ島とモー島。
干潮時に島の間に歩いて渡ることができる真っ白な砂浜の道(サンドバー)が現れるという場所です。
e0231646_16272831.jpg

ここもとても綺麗でしたが、少し岩が多かったので、泳ぐにはポダ島の方がよかったです。
e0231646_16285155.jpg

こんなにびしょ濡れになったのは生まれて初めてかもと思いながら、夕方ホテルまで戻りました。
でも、もちろん乾季の方がよいだろうけれど、雨でも結構楽しめました。(負け惜しみ?)
その後は、たしかホテルのプールで泳ぎなおして、シャワーを浴びた後、夕食の買出しに出かけました。
何度か行ったおばさんの店の隣の店にビリヤーニがあるとチェック済だったのです。
e0231646_1702316.jpg

カオモックガイのことだと思うのですが、壁に貼ってある料理の写真には英語で思いっきりチキンビリヤーニ(ビルヤーニとかちょっとスペルが違ったかも)と書いてあったんです。
でも、肝心な部分が写真には写っていませんな。
e0231646_1704861.jpg

ところが、ビリヤーニは昼頃には売り切れたということで、メニューを見てムスリムカレーとトムヤンクンを注文しました。
持ち帰り用の袋に大量に入れてくれました。
e0231646_1715563.jpg

計算していたより高かったのですが、持ち帰り用で量が多いから??
これ以外にご飯2人前を買ったのですが、ご飯1つが40バーツもすることになってしまう。ビリヤーニが50バーツくらいだから普通のご飯がそんなに高いはずは・・・と思って明細を聞いてみたのですが、「これとこれで300バーツ」みたいな感じでいまいちよく分からず・・・
でも、店員がかわいいのでまあいいやと思ってしまいました。
かわいい店員さんはこちら。
この子、仕草は完全に女性だけど、話す口調はテキパキで、何だか気に入ってしまいました(笑)
e0231646_1712570.jpg

おばさんの店では魚だけ購入しました。
隣の店で買った食べ物の袋を見て機嫌が悪そうだったのに、もやし炒めをまたおまけしてくれました。
e0231646_172279.jpg

ディナーのテーブルセッティングはこんな感じ。
e0231646_173469.jpg

クラビ最後の夜なので、ビール以外にSPYではないワインクーラーを飲んでみました。
e0231646_1734244.jpg

ムスリムカレーって、最近人気(?)のマッサマンカレーのことかと思うのですが、本場のはずだけど味は普通でした。
甘みがかなり強かったけれど、もう少し甘さ控えめでスパイスをきかせてくれればきっとおいしいと思うのですが・・・。(それじゃインド料理になってしまうかも?)
e0231646_174269.jpg

[PR]
by pudina | 2014-12-05 23:50 | タイ | Comments(4)
さて、この日は島巡りのツアーに参加するのではりきって起きたのですが、雨・・・
e0231646_15172223.jpg

夫は昨日の夜買って食べなかった料理がもったいないから部屋で食べるということで、一人レストランに向かったのですが、徒歩2、3分の距離も大変なくらいどしゃ降りです。
ちょっと小降りになるのを待ったりしていたらあまり時間もなかったので、ブッフェから焼き飯を取って、オムレツだけ頼んでささっと食べました。
e0231646_15212518.jpg

こんな雨でもツアーは出るのかなと思ったけれど、予定通り9時に迎えの車がやって来ました!
ビーチで自分のツアーの船を待ちます。
オレンジ色のTシャツの人が今回のガイドさんで、インド人と言っても通用しそうな顔立ちで親近感が持てました(笑)
e0231646_15293299.jpg

ツアーの内容はこの通り。(既に雨に濡れてシワシワになっています。)
定価が600バーツくらいかと思っていたけれど、900バーツもするんですね・・・
e0231646_15381542.jpg

出発!この日はまずライレイに行くということでした。
e0231646_15421536.jpg

お客さんは、私たちと白人男性一人以外は皆タイ人のようでした。
e0231646_1543863.jpg

ライレイって、プラナンケーブの近くに上陸するのかと思っていたら、イーストのよく分からないところで降ろされました。
前に来たのだけど、すぐ方向が思い出せず、プラナンケーブとは反対に歩いてしまったようで・・・
あまり時間もないので、洞窟辺りを眺めて船に戻りました。
他にもプラナンにたどり着けなかった人がいたと思うけれど、ガイド、それくらいは説明してくれたらよいのに・・・
次はポダ島へ向かうそうですが、なかなか船のエンジンがかからず、他のツアーで仕事している人たちも巻き込んであれやこれやしていたらようやく動き出しました。
e0231646_15472339.jpg

ちょっと光が当たると海はきれいですねえ~。
e0231646_1548529.jpg

でもやっぱり雨・・・
e0231646_15493016.jpg

これは違う島だったっけ?
e0231646_15502590.jpg

ポダ島に到着したらランチを取るとのことでしたが、LunchboxじゃなくてBuffetってなるほどこういうことなんですね。
e0231646_1552295.jpg

一人一つご飯が入ったタッパーを与えられて、おかずは好きなだけ(でも鶏のフライは1個ずつ)大きなタッパーから自分で取るシステムです。
大したものではないし、木の下に座っても思いっきり雨水がタッパーの中に落ちてきますが、それでもこういうところで食べるとおいしかったです(笑)
e0231646_1554744.jpg

船では屋根がない部分に座っていた夫、びしょ濡れになって歯をガチガチ言わせていたのですが、さてどうしよう。
あまり自信はなかったものの、「海に入った方が暖かいんじゃないか」と提案し、水に入りました。
本当に水の中の方が暖かくてよかった・・・
ここ、海は晴れていたらさぞかし綺麗だろうなあという感じ、砂は白くてサラサラで岩もなくて泳ぎやすく、今度は晴れている時に来てゆっくりしたいなと思いました。
e0231646_15562429.jpg

次回に続きます。
[PR]
by pudina | 2014-11-24 16:08 | タイ | Comments(4)

Parrot Botanicals(1)

少し前に、タイで買ってきた「マルム(moringa)薬草石鹸 バンブーチャコールとクローブも入ってるよ」(タイ語の解説 by ポンポコ研究所)を紹介しましたが、タイに行くと数年前からよく買ってくる他の石鹸があります。
前回の買出し成果の写真にもちらっと写っていますが、マルム石鹸と同じRubia Industriesという会社のParrot Botanicalsという石鹸で、オウムの絵が書かれた色々な色の包装紙に包まれて売られています。
本格的な薬草石鹸というよりは、ちょびっとハーブのエキスを入れるか香りをつけたような石鹸だと思うのですが、結構使い心地もよくて普段使いに気に入っています。
値段も4個入りパックが30数バーツとかでお手頃。(マルム石鹸は一つで30バーツくらいだったような。)
ちょっとしたお土産にも便利です。
大体は包装紙の色と石鹸のイメージが一致していて、たとえば、ピンクは花のような香りだったり、青や緑のものは爽やかなさっぱりした香りだったりするのですが、どれを気に入ったのか次にタイに行くまでにいつも忘れてしまうので、記録に残すことにしました。

今回初めて買ったのがこちらのあずき色のもの。
e0231646_2115509.jpg

e0231646_21162437.jpg

タイ語でしか説明が書いていないから、何の石鹸か分からないんだよなあと長い間思っていたのですが、実は英語の説明があったことにごく最近気づいたのでした。
これは、オレンジジャスミンの香りだそうです。
と、普通にジャスミンと読んでいましたが、よく見るとジェサミン?
e0231646_21201643.jpg

石鹸を取り出すと、めずらしく包装紙とは少し違う色で、濃い目のピンクの石鹸でした。
e0231646_2121355.jpg

オレンジ+ジャスミンじゃなくて、オレンジジャスミンという植物のことなのか分かりませんが、ジャスミンのように甘い香りだけど、少しオレンジな感じ(笑)で甘すぎず結構気に入りました。
すっかりJessamine=Jasmineかと思いこんでいたら、またポンポコ研究所の狸田所長からご指摘をいただいたポン。
英語名Orange Jessamine(タイ語でแก้ว(ケーウ))というのは、Murraya paniculata、和名ではゲッキツのことだそうで、ジャスミン(Jasminum officinale)とは別物だということです。

次はこちらのオレンジ色の石鹸です。
No.333と書いてあるけれど、種類によってNo.が違うのかなと思ったら、全部333みたいです。
e0231646_21241587.jpg

これはChampaka Fragranceってチャンパカって何だろうと思ったら、モクレン科の金香木という植物らしいです。
e0231646_22151138.jpg

これは石鹸も包装紙とほぼ同じ薄いオレンジ色です。
なるほどモクレンっぽいような、お香っぽいようななかなかいい香りでした。
e0231646_2216198.jpg

まだ5種類くらいあるので、(次の石鹸を使った時に)続きます。
[PR]
by pudina | 2014-11-06 22:44 | タイ | Comments(4)
クラビタウンからソンテウに乗って、いつも降りていたノッパラッタラのモスク近くで思わず降りそうになりながら(笑)アオナンのホテルまで戻りました。
チョコ豆乳を飲んだり、少し休憩してから買い物に出かけることに。
e0231646_1592963.jpg

これまた旅行前の調査でこのページの"Ao Nang Shopping"を見て、2013年の11月にアオナンにテスコロータスができたと知りました。
アオナンモスクから600mなら、泊まっているバンサイナイリゾートから十分徒歩圏内です。
プラプラ歩いて到着!
e0231646_15101653.jpg

バンコクで行ったことのある家電や衣料品も置いているようなスーパーとは規模が違うけれど、思ったよりは広くて、食品の買い物には十分です!
前にクラビに来た時に行ったクラビタウンのヴォーグデパートではカレーペーストの品揃えがいまいちだったのだけど、ここのテスコはペーストや調味料は豊富に揃っていました。
私たちにとっての問題は、インスタントラーメンが6食入りのパックしかなくて、バラ売りしていなかったくらいかな・・・
買出しの成果はこんな感じで、調味料やインド料理に使えるスパイスなど。この日はかなり控えめにしておきました。
e0231646_15154167.jpg

すばやく買い物を済ませたつもりだけど、もう夜の9時頃。
そろそろ閉まる店も多いので、ホテルまでの帰り道で夕食を調達することにしました。
道に出ていた看板にはちょっと凝った料理も載っていたので、ここの店で買うことにしました。
e0231646_15174641.jpg

が、鶏とカシューナッツ炒めを頼もうとしたらカシューナッツがないとか、どれだったか忘れたけれど他のメニューもできないと言われました。
なので、店のお姉さんにお勧めされた「ポークカレー」とカオパットを一つずつ購入しました。
お茶を飲みながらゆっくりおしゃべりしているような女性客が多いお店でした。
e0231646_15221383.jpg

ホテルに戻ったら、テスコロータスの酒売り場を見ていて夫が飲みたいと言い出したこれを開けることにしました。
e0231646_15251511.jpg

タイ産のブランデーで、たしか200バーツくらいでした。
もっと安いものもあったけれど、昔メコンを飲んで気分が悪くなったことがあるので、あまり安いものを買うのはやめておきました(笑)
ブランデーには辛い肉料理などは合わないと夫が言うので、甘くて辛いタマリンドスナックなどを用意しました。
e0231646_15274112.jpg

私は、コーラも合わないと言われつつ、コーラで割って2杯だけ飲みましたが、ブランデーはそんなに悪くないように思いました。
e0231646_1529629.jpg

買ってきた夕食は・・・
ポークカレーはやっぱり汁気のない炒め物だったけれど、カレー粉風味でまあまあおいしかったです。
e0231646_15295733.jpg

焼き飯はどこで頼んでもまあ外れなしかな。
e0231646_15303646.jpg

夫の分の食べ物を置いておいたのに、結局ブランデーを全部飲んでしまったらしく(アホ)、15分後に食べると言いながら寝てしまいました。
何度か起こそうとしたものの、「もうちょっとしたら食べるから」とムニャムニャ言うばかりなので、そのうちあきらめました・・・
[PR]
by pudina | 2014-11-03 16:26 | タイ | Comments(4)