日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:インド食の材料( 15 )

葉っぱのご飯

少しだけ年末年始っぽいこともしたけれど、我が家の食生活はもうすっかり南インド式に戻りました(笑)

年末料理する時間がなかった時に使ったのが、このThuduvalai Leaf Rice Powderというものです。
e0231646_12461637.jpg


Thuduvalaiという葉っぱとダル(豆)や唐辛子が入った粉で、油(ギーまたはインドのごま油)と一緒に炊いたご飯に混ぜるだけでOK。
これはスーパーで買ったのですが、このKrishnaという店はトリッチーのお菓子屋さんみたいです。
(開けた時点で賞味期限が切れていたのは秘密です。)
e0231646_12461693.jpg


中はきな粉に抹茶でも混ぜたような薄緑色の粉です。
e0231646_12461750.jpg


出来上がりがこちら。
ちょっとやる気を出して、Nalla Ennaiそのままではなくマスタードとウラドダルと乾燥カレーリーフをパチパチさせた油を混ぜて、トマトのトックも作りました。
味は、思ったより唐辛子が効いていて、葉っぱの癖もあるような気がするけれど豆の味に相殺されて食べにくいこともなく、普通においしい混ぜご飯という感じでした。
e0231646_12480229.jpg


これ、「ものすごく体にいい葉っぱだ」と夫が言うので買ってきたのですが、Thuduvalai Leafって何なのかとWikipediaを見ると(笑)、Solanum trilobatumというハーブで棘がいっぱいあるらしいです。

もう一つ同じシリーズのVallarai Leafも買っており、こちらはだいぶ前に一度食べて残りが冷蔵庫に眠っていたので、これももう一度同じように作ってみました。
e0231646_12461828.jpg


葉っぱが違う以外は原材料も調理方法もほぼ同じです。
e0231646_12461850.jpg


夫はVallarai Leafの方がおいしいと言ったけれど、混ぜた粉の量がちょうど良かったとかそういう理由かもしれません。
2種類同時に食べないと、あまり味の違いは分からないように思いました。
e0231646_12461865.jpg


Vallarai Leafは何なのかとまたWikipediaを見ると(笑)、"Centella asiatica, commonly known as centella and gotu kola"ってスリランカ料理でもよく使う葉っぱのことでした。
これはもしかして、ポンポコ研究所長にもらってまだ飲んでいないツボクサドリンクとも同じ葉っぱかなと思った後に、Wiki日本語版もあることに気づいたのだけど、ツボクサ、「日本では単なる雑草として扱われる」ってその辺に生えているのでしょうか?(笑)
そして、私はGotu KolaとGongura(タミル語でPulicha Keerai)を混同していたかもと思ったのですが、名前を聞いてもよく分からないので、インドででも生の葉っぱを何回か見せてもらったら違いが分かるかも・・・

葉っぱと言えば、正月用になかなかいい絵が見つけられなかったガネーシャを、昨日になって夫がFacebookで見つけて「こっちの方がいいのでは」と言ってきました。
目が怖いけど、葉っぱ以上に瓜の活用っぷりが素晴らしいです(笑)
e0231646_23331907.jpg

[PR]
by pudina | 2016-01-04 13:58 | インド食の材料

Panavellam Kalkandu

今夜夫が出してきた飲み物がこちら。
e0231646_22210492.jpg


これを温めた牛乳に溶かしたものだそうです。
e0231646_22210592.jpg

インドで買ったのに放置していたものたちを見えやすい場所に置いておいたら早速使ってくれたのね♪

袋にはPANAKALとしか書いていなくて原材料の記載もなし。
夫が言うには、Panavellam Kalkanduだそうで、ググッてみると、ヤシ糖の結晶?
e0231646_22210593.jpg


飲んだ感じもヤシ糖入りミルクという感じだけど(笑)、ヤシ糖だけではないような香りが少しあるので、他に何か混ぜてある気もします。
なお、こうやって飲む場合、本当はもうちょっと茶色い色だそうで、今日入れた量は少なかったみたいです。

[PR]
by pudina | 2015-11-16 22:20 | インド食の材料

Halwa

インドのお菓子は甘すぎて苦手なものもありますが、私が好きなのはハルワ!
元々はアラブあたりのお菓子のようですが、インドのハルワとどう違うのかは知りません。

これは今回近代的なショッピングセンターで買ったもの。
e0231646_15553318.jpg

夫がお土産にするというので買ったのですが、これ以外にも種類(味)がいろいろあって、全部で10種類くらい売られていたと思います。
こんな風に一つずつフィルムで包まれた個包装になっているので、たしかにお土産にはいいと思いました。
e0231646_15582615.jpg

タミルナードゥ州エロードの会社の製品のようで、5個入りで60ルピー。
e0231646_15592244.jpg

自宅用にも一つだけ買ってみました。
選んだのはもちろん5種類の味が楽しめるアイスクリームハルワです!(笑)
これはチョコレートとバニラ味を半分に切ってみたところ。
e0231646_1611188.jpg

まあまあおいしいけど、コーンフラワーを使っているからなのか、ハルワというより固めのゼリーのような食感でした。
後は、ピスタとマンゴーはどうにも人工的な香り(何となくアイスクリーム風味ではある)、ところがさらに人工的な味に違いないと思ったストロベリーは意外においしかったです。

ということで、ハルワはやっぱりお菓子屋さんで買わないといけないと分かりました。
e0231646_164211.jpg

これは夫の妹が日本に持ち帰る用に買ってきてくれたものです。
e0231646_164208.jpg

が、「ハルワってムンドリ(カシューナッツ)ハルワ?」と聞かれて、「そうそう、カシューナッツが入ったやつ」と答えたのだけど、私が一番好きなハルワはこれじゃないのですよね・・・
まあ、自分が好きなハルワの名前をいまだに知らない私が悪い!
でも、これもカシューナッツたっぷりでおいしくいただきました。
e0231646_1663768.jpg

このハルワ、最初「Milk Sweet(となぜか英語で言われたけど、パールコワ)でも持って帰ったら?」と言われて、インドに行って厚かましくなっていた私は「何か買ってくれるなら、パールコワよりハルワ買って来て」と頼んだものです。
買って来てくれた袋にはパールコワも二つ入っていたので、これも買ってくれたのかと思ったら、あっという間に甥に食べられていました。
なぜか船の形!
ハルワは1週間くらいは日持ちするけどパールコワは悪くなりやすいだろうと断ったのですが、これなら欲しかったな。
e0231646_16212028.jpg


前回インドに行った時は、チェンナイ空港に行く前にお昼を食べたアーナンダ・バヴァンでちゃんと自分が好きなハルワを買ったはず。
だけど、やっぱりどれが好きなハルワか確信がなくて2種類買ったのだっけ?
e0231646_16141462.jpg

そして、なぜかムンドリハルワの写真しかないという(笑)
e0231646_1615387.jpg

ということで、もっと古い写真を探してみたら発見。
私が好きなのは、この濃い茶色で、ムンドリハルワより柔らかくてベタベタしたハルワなんです。
日本だとくるみのゆべしとか、ういろうとか結構好きなのですが、それに大量に油(ギー)が加わったようなお菓子で、食べ過ぎ注意だけど、とってもおいしいです。
e0231646_16162794.jpg

結局このハルワの名前がよく分からないので、確認しないといけません(笑)

ポンポコ研究所では、インドのハルワと見た目そっくりな、ミャンマーのパテイン・ハラワが紹介されています。
[PR]
by pudina | 2015-04-13 22:56 | インド食の材料
南インドで、特にベジタリアンの料理によく使う油が、こちらのநல்லெண்ணெய் (nalla ennai)です。
だいたいこういうパウチに入って売られていることが多くて、これはIDHAYAMというブランドのもの。
さらにビニールの手提げ袋みたいなのに包装されているのは今回初めて見ました。
e0231646_20491311.jpg

手提げ袋から取り出したところ。
e0231646_20392118.jpg

GINGELLY OILということでごま油なのですが、日本でよく売っているごま油みたいにごまを焙煎して作った油ではないはずだけど、香りがすごくいいです。

レモンライスやタマリンドライス、Kuzhambuというタマリンドを使うカレーにこの油を使うと、それだけで料理上手になったような気分になれます(笑)
ちなみにநல்லெண்ணெய் (Nalla Ennai)というのは、タミル語でGood Oil(良い油)という意味です。タミル人にとって大事な食材だからかな。


500mlで128ルピーということはほぼ250円。だいぶ値上がりが進んでいるにしても、私が日本でスーパーの安売りの時に買うサラダ油の倍以上の値段とは・・・
e0231646_20445041.jpg


油は、こんな感じで黄金色です。
e0231646_20451876.jpg

日本で売っている太白ごま油というものともしかして同じような風味なのかと考えたことがあるけれど、太白ごま油ってもっと色も白いしやっぱり違うのかな。
[PR]
by pudina | 2015-03-21 00:36 | インド食の材料

バダムミルクの素

インドの飲み物でバダムミルクというものがあります。
チャイやフルーツジュース、炭酸飲料を飲む気分ではない時に、昔は瓶入りのものを買ってよく飲んだものです。
バダム(アーモンド)をペーストにして牛乳と混ぜて、サフランやカルダモンの香りと甘みをつけた飲み物で、固形のままのカシューナッツも入っており、ナッツ好きでインドのお菓子が嫌いじゃない人なら絶対好きな味です。
去年インドでスーパーに行った時に、バダムミルクの素というのを見たのですが、買うのを忘れていました・・・。
というわけで、夫の家族に頼んで取り寄せました!

こちら、Aachiのバダムドリンクミックスです。私が去年見たのは違う会社のものだった気がするけれど、Aachiはサンバルパウダーのブレンドなども絶妙で信頼しているブランドなので大歓迎。
「1個買えば1個タダ」キャンペーンのせいかと思いますが、2袋手に入ったのでしばらく楽しめます。
e0231646_21325764.jpg

e0231646_21355630.jpg

作り方は、熱い牛乳か冷たい牛乳200mlにこのMixを大さじ2杯混ぜるだけと至って簡単です。
e0231646_21371652.jpg

Mixは薄い黄色の粉の中に、ナッツのかけらが混ざっている感じ。
e0231646_2138213.jpg

インドのこういう粉は絶対冷たい液体には溶けないという先入観を持っていたので、少量のお湯で溶かしてから、冷たい牛乳を混ぜたものがこちら。
e0231646_21385389.jpg

瓶で売られていたものにかなり近い味で、なかなかおいしいです。甘さもインド製品にしては強すぎずちょうど良いです。
Mixでこの味なら十分満足♪
2回目に飲んだ時は、最初から冷たい牛乳を入れてみましたが、案外ちゃんと溶けました!
(飲み終わった後、グラスの底には砂糖とカルダモンの粉が溜まっていますが・・・)

この商品のテレビコマーシャルらしき動画を見つけました。
袋のデザインが違うけれど、変わったのでしょうか。
私に聞き取れた限りでは、「Aachi Badam Drinkが大好き!飲みたいな。」みたいな歌詞で、完全にお子様向けのコマーシャルですが、大人が飲んでもおいしいですよ~。


ポンポコ研究所では、MTRの缶入りバダムドリンクが紹介されています
[PR]
by pudina | 2014-09-17 21:28 | インド食の材料

Maggi Xtra-delicious Chicken

少し前に、インド日清のチキン味のラーメンがどうにも物足りなかったと書いたのですが、ネスレMaggiブランドのチキン味ラーメンも買っていたので、試してみました。
これも4食入りのパックを買っていたのだけど、パッケージはなかなかおしゃれです。
e0231646_2044058.jpg

本物の鶏肉が入っているそうなので、期待できるかも?
e0231646_20444470.jpg

e0231646_20462788.jpg

麺とTastemakerという粉だけなのは、ベジタリアンバージョンのMaggiヌードルや、他の多くのインドのラーメンと同じです。
e0231646_20482058.jpg

粉の中には、野菜か鶏か固形物が混ざっているのが分かります。
e0231646_20501711.jpg

麺を4分割にする以外は、少な目の水で書いてある通りに作りました。
e0231646_20491889.jpg

鶏肉と野菜をゆでた後に麺を入れて煮たので、こんな感じでできあがりました。
e0231646_2051106.jpg

味の方は、まあまあちゃんとスパイシーで、Tastemakerに入っている鶏肉のかけらとかニンニクを揚げたようなものが結構いい味を出していました。これなら、具なしで作ってもおいしく食べられると思います。
インド日清にはもうちょっとがんばってほしいと思ってしまいました!
袋の裏面には、チリチキンとヌードルというレシピが載っているので、気が向いたら作ってみようかと思ったのだけど、何回読んでもヌードルがどこにも出てこないので、麺にかけるなり和えるなり好きにしろということでしょうか・・・
e0231646_2135345.jpg

[PR]
by pudina | 2014-05-22 21:08 | インド食の材料

NISSIN TOP RAMEN Chicken

インドのインスタント麺というと、以前はベジタリアンであることを売りにしたものがほとんどだったと思うのですが、昨年スーパーに行った時に何種類かチキン味のものを見つけたので、買ってきました。
これは日清のTOP RAMENのチキン味です。スパイス+チキン味ならおいしそうだと思い、ちょっと割安だったのもあって、つい4食入りのファミリーパックなんていうものを買ってしまいました。
e0231646_20403746.jpg

原材料を見ると、まあそんなことかとは覚悟していたけれど、調味料にチキンエキスパウダーなるものが入っているだけのようです。
e0231646_2043734.jpg

作り方を見ると、インドの他のラーメンと同じように少量の水(230ml)で煮て、汁気をいくらか残すようにと書いてあります。
e0231646_2043578.jpg

中身(一食分)はこんな感じ。麺は見るからにボソボソしていそうだけど、インドのラーメン、こういう麺が多いかも・・・
e0231646_20455065.jpg

ちょっとだけ野菜を入れて作った完成品がこちらです。
e0231646_20462756.jpg

これが・・・
若干スパイシーではあるものの、何とも物足りない味で、これならマギーとかベジタリアンのラーメンの方がいいやと思ったのだけど、後日鶏肉を刻んだものを入れて作ってみたらかなり改善されました。
まだ別のメーカーのチキン味ヌードルがあるのですが、そちらも肉の旨味を足して作ってみたいと思います。
[PR]
by pudina | 2014-04-29 21:09 | インド食の材料

QUAKER OATS

クエーカーのオートミールというと日本でも食べたことがある人が多いのではないかと思います。
今回インドでこのような味付けしてあって1食ずつになっているパックが売られていたので買ってきました。
これはHomestyle Masala味。
e0231646_2036561.jpg

150mlの水を入れて2分半煮るだけ(または電子レンジ)なので、あっという間に出来上がり。
e0231646_20381295.jpg

スパイシーなオーツ、予想以上においしいものです(笑)。いかにもマサラ味という感じだけど、癖のない味付けで辛くもないしインド人以外でも食べやすいと思います。
e0231646_20404871.jpg


こちらはLemony Veggie Mix。
e0231646_20442879.jpg

調理前はこんな感じ。名前から洋風の味かと思ったけど、しっかりカレーリーフなどが入っています。
e0231646_20445813.jpg

粉スパイスは胡椒くらいしか入っていないようで、レモンの風味がよい感じ。個人的にはこっちの味の方が好きです。
e0231646_2143429.jpg


インスタント麺と同じくらいのお手軽さで、ヘルシーだし朝食にはなかなか良いのじゃないでしょうか。
[PR]
by pudina | 2013-12-25 22:32 | インド食の材料
ある日、夫がスーパーで天かす(標準語では揚げ玉?)を買ってきました。50円が半額になって25円・・・だけどパックに結構たっぷり入っています。
ブーンディみたいだから懐かしくて買ってきたらしいけど、こんなに食べきれないしどうするの?と思ったら、「ご飯にかけて食べる」とのこと。ちょっとかわいそうになったので、検索してみたら、たぬき(天かす)おにぎりなるものがあるんですね!
これは天かすとゴマに醤油で味付けしただけだけど、ちょっと天むすっぽくって意外にいけます。次の日はわかめと梅のおにぎりの素みたいなのを混ぜてみたら、それも結構おいしかったです。
e0231646_2138348.jpg

インドのブーンディはこんなのです。ひよこ豆の粉を溶いて、唐辛子やヒーングで味付けしたものを揚げたもので、地味な見た目だけどサクサクおいしいスナックです。
e0231646_21401999.jpg


インドのスナックと言えば、神戸のハラールフードの店で買ってきたのがこのベールプーリ。
e0231646_21432292.jpg

袋を開けると、小さいプーリやライスパフ、豆のスナックとは別に、調味料の粉と、バーミセリ(細い麺)を揚げたものの小袋が別に入っていたのでびっくり。自分で調理(笑)しないといけないようです!
e0231646_21465481.jpg

仕方がないので粉を水で溶いて・・・
e0231646_21473583.jpg

ベールプーリのベース(?)と刻んだ玉ねぎを混ぜて、バーミセリとコリアンダーの葉を散らしてみました。
e0231646_2149165.jpg

北インドの道端で売っていそうな味でおいしかったのだけど、まだまだ残っているのをまた調理するのはやっぱり面倒くさいかも・・・
[PR]
by pudina | 2013-10-07 21:54 | インド食の材料

Mathu

これはインドの調理器具でタミル語の名前はMathu(マットゥ)というそうです。
木製で長さは25センチくらい。
e0231646_20512051.jpg

頭の部分はこのように星のような太陽のような形です。
e0231646_20522988.jpg

何に使うのかというと、茹でた豆や野菜をマッシュするものです。
こんな風に両手で回転させると、豆がいい感じに潰れます。
e0231646_20533159.jpg

出来上がりはこちら。最近お気に入りのワダガムを使ったParuppu Kuzhambuです。写真ではあまり違いは分からないけど、ミキサーなんかとは違っていい感じに不均等に(?)マッシュされるのでよりおいしい気がします。日本でもそうだけど、昔ながらの道具は侮れないなあと思います!
e0231646_2055352.jpg

[PR]
by pudina | 2012-09-20 21:03 | インド食の材料