日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中国東方航空の機内食

数週間前に乗った関空から中国の煙台間の中国東方航空の便で出てきた機内食を紹介します。
e0231646_20405188.jpg

行きは夕方出発、飛行時間は2時間くらい、到着後に夕食を食べるので、機内食を食べるつもりはなかったのですが、一応もらってみました。
メインが入った容器が他のものの上に乗せられた状態で配給されて、異国情緒を感じることができます(笑)
e0231646_20442767.jpg

開けてみると、海老入りの焼き飯で、ちょっとお腹も空いていたので、半分くらい食べちゃいました。 他には大根の漬け物みたいなものにハムが乗ったものや、材料の配合を間違えたのじゃないかと思うくらい味が薄いゼリーがついていました。
e0231646_20443931.jpg

帰りはちょうど昼頃の便で、機内食以外の食事にありつけそうになかったので、ホテルで朝ごはんをたらふく食べておきました!
e0231646_20454864.jpg

「朝から餃子?」と思われそうですが、具はほとんど野菜なので重くありません。
e0231646_2293350.jpg

豆腐脳というのもなかなかおいしいです。(これは前の日に肝心の豆腐を取らずにスープだけ食べていました•••)
e0231646_20461090.jpg

おかわりして、デザートも食べて満腹に。
e0231646_20471331.jpg

それでも飛行機に乗る頃にはお腹が空いてきました(笑)
帰りは、豚肉とご飯か魚と麺から選ぶことができたので、豚肉の方を選びました。
e0231646_20472510.jpg

甘めに採点してもおいしいとは思えなかったので、コチュジャンをかけてごまかしておきました。
e0231646_20473948.jpg

[PR]
by pudina | 2014-03-29 23:45 | 中国 | Trackback | Comments(4)

ティータイム

遅めのティータイムで、めずらしくケーキなど食べています。
e0231646_191276.jpg

e0231646_191241.jpg

なぜやら夫がiphoneからブログがアップできるのか聞いてきたので実演中006.gif
[PR]
by pudina | 2014-03-24 18:57 | Trackback | Comments(4)

中国で食べたもの

先週はちょこっと中国へ行ってきました。
うるさい人がいたもので、昼から豪華に・・・
e0231646_22211662.jpg

e0231646_22214188.jpg

北京ダックなど食べていました。
e0231646_22221954.jpg

写真を撮れなかったけどダックの肉を揚げたものとか、ナマコのスープとかいろいろ出てきました。
e0231646_22255827.jpg

足もこんな風になるととっても贅沢な一品という感じ。
e0231646_22241530.jpg


ポンポコ研究所の狸田所長は香港の全聚徳で鴨を1羽ほど食べてこられたようです。

他のお店では、こんなかわいい盛り付けの料理が出てきました。南国なんとかという名前でしたが、ワサビ味の魚介類の和え物でした。
e0231646_22271100.jpg

この盛り付け方もなかなか斬新でよい感じです。
e0231646_22333863.jpg


他には、粉ものを多く食べる地域なので、餃子は定番。鯖の餃子とかもあって、最初はびっくりしましたが、案外おいしいものです。
e0231646_22343255.jpg

これは、デザートではなく、食事中に出てきたレーズンがトッピングされた巨大な蒸しパンです。他の料理と合わないのではと思ったけれど、生地は甘くなくてしっとりふわふわで風味もよいので、大きな一切れをぺろっと食べちゃいました。
e0231646_22361675.jpg

デザートは真冬でもスイカが出てきたりしますが、今回はなぜか何度もドラゴンフルーツに遭遇しました。
[PR]
by pudina | 2014-03-20 22:51 | 中国 | Trackback(1) | Comments(2)

Complete Recipe Mix Red Curry

気がついたらタイで買ってきた食材の賞味期限がいろいろ切れかけていたので、消費しないと!
これはクノールのComplete Recipe Mix Red Curryというものです。
e0231646_2236286.jpg

中身はよくあるカレーペーストではなく、赤い粉。
クラビタウンのデパートの食品売り場で、カレーペーストの品揃えが非常に悪かったので、怪しいなあと思いながら買ってきたものです。
e0231646_22372654.jpg

裏面の原材料を見ると、とっても体に悪そう(笑)
作り方は、ココナツミルクに肉や野菜を加えて、この粉を入れて煮るだけなのでとっても簡単です。
e0231646_22394579.jpg

やっぱり変なものを買ってしまったかなあと思いながら調理して、できあがったものがこちら。見た目はまあまあ?
e0231646_22413329.jpg

食べてみると一応レッドカレーの味なのだけど、何だか香りが人工的な感じで、やっぱりペーストの方がよいなと思いました。食べられないほどまずいわけではなかったけれど・・・

そんなわけで、別の日にペーストを使って作ったトムカーガイはとってもおいしく感じたのでした。
e0231646_22462167.jpg

ペーストの方が体に悪くないのかは分かりませんが・・・
e0231646_2251385.jpg

キノコは家になかったので、ブロッコリーを投入。邪道かもしれないけど、案外合いました。
最近タイ(風)のカレーやスープを作るときに気に入っているのが、火を止める30秒から1分前くらいに、縦半分に切った唐辛子を入れることです。少しだけ火が通ってよい感じになります。
e0231646_2248445.jpg

[PR]
by pudina | 2014-03-18 23:08 | うちでごはん(インド以外) | Trackback | Comments(2)

青いバーと赤いバー

ノンベジレストランに行ってもお酒が飲めなかったとなると、バーに行くしかありません。
出かけたのが、PL.A RESIDENCYとかいうホテルです。泊まったことはないですが、現地では家族連れでも安心して利用できる中級ホテルという感じかと思います。
e0231646_2226886.jpg

e0231646_22273999.jpg

ホテルのバーというと、日本や他の国では、雰囲気や眺めの良い場所にあることが多いと思うのですが、飲酒が悪いことだと言う人も多いインドでは、あまり目立たないところに入り口があります(笑)
e0231646_22295483.jpg

中に入ると普通のレストランのような感じで、雰囲気は悪くありません。壁面のテレビではクリケットとかスポーツを流していました。
e0231646_22311374.jpg

BLUE SEA BARということでか、照明が青いので、写真も真っ青・・・
e0231646_2232576.jpg

e0231646_22332418.jpg

がんばって撮ったのがこんな感じ。これは、ゆで卵を崩して塩胡椒をかけたものでした。
e0231646_22341737.jpg


別の日に行った違うホテルのバーもやっぱり入り口は怪しい感じ。
e0231646_22382482.jpg

前に行ったバーは青かったけど、こっちは照明が何となく赤っぽかったです!
e0231646_22442486.jpg

値段もメニューも同じような感じでしたが、ここではおつまみに鶏の揚げたものまで出てきました。(ベジタリアンが多い土地だけど、「酒を飲むなら肉も食うんだろう」ということ?(笑))
e0231646_22395739.jpg

e0231646_22532190.jpg

飲み物についてきたおつまみとは別に、有料メニューから卵料理を頼んだのだけど、「時間がかかるから、代わりにこれをcomplimentaryで」と言って持ってこられた卵炒めです。
e0231646_22432625.jpg


ちなみに、酒屋兼ローカルなバーは、今はタミルナードゥ州ではTASMAC(Tamil Nadu State Marketing Corporation) という名前で、州政府の経営となっています。私営だった時代には何度も行ったものですが、旅行者が行くにはかなり勇気がいる感じの店が多いし、TASMACになって良くなったことは全くないそうなので、TASMACでお酒を買っても別の場所で飲む方がよいと思います。
TASMACでのビール1本(650 mlの瓶)の「定価」が大体100ルピー(約165円)だけど、今回行ったようなバーではほぼ倍の200ルピーくらいです。その代り、写真を載せたおつまみ類は全て無料でおかわりもできるし、冷房が効いた店内で落ち着いて飲むことができると考えるとそう高くないと思います。

酒類の値段や飲酒環境(?)は州や地域によって異なるので、インドでもお酒が飲みたい場合は、事前に調べておくほうがよいかもしれません。

インドビール好きの狸田所長は、KingfisherのStrong Premium Beerというものを飲まれたということです。
[PR]
by pudina | 2014-03-13 23:02 | インド201310-11 | Trackback | Comments(2)

インドの石鹸 その3

インドで買ってきた石鹸を一つずつ使っていますが、最近は日本の冬でもお肌に潤いを残してくれそうなものから試しています。
これはRexona Silky soft skinという石鹸。ヒンドゥスタン・ユニリーバの製品です。Rexonaのウェブサイトを見ていて、これってタイでデオドラントとかよく見るブランドだと気づきました。
この石鹸はインド向けの製品のようですが詳しいことはよく分かりません。
e0231646_22173015.jpg

勝手に白い石鹸をイメージしつつ開けてみたら緑色でした。ココナツやオリーブオイルの香りでは全くなくて、爽やかな香り。でも洗いあがりはオイルで保護されるような感じが少しあって、まあまあ良い感じ。
e0231646_22234537.jpg


次は、Vivel mix fruit + creamという石鹸。派手な縞々の見た目に惹かれて買ってみました。
インドっぽくないパッケージから、これもユニリーバか?と思ったら、いろんなことをしているITCというインドの会社の製品でした。
e0231646_22272979.jpg

中身も箱の絵とほぼ同様のピンクと白の縞々だったので、見た目だけで満足(笑)
使い心地にはあまり期待してなかったのですが、ちゃんと潤いを与えながら洗う感じでさらに満足。香りも見た目から想像できるように甘いけれど、甘すぎず適度にフルーティーで、これは気に入りました。
e0231646_22294287.jpg


最後はHamamです。これはインドでは定番商品の一つだと思います。
これは自分たちで買ったのではなく、インド滞在中にお義母さんのストックから出してもらって使っていたものです。
e0231646_22341888.jpg

ニームやトゥルシが入っているそうだけど、アーユルヴェーダを前面に出している石鹸に比べると癖のない感じ。でもインドの石鹸らしさもしっかりある。自分ではつい他の石鹸を買ってしまうけれど、なるほどお義母さんが長年愛用しているのも納得と思ったのでした。
これも、ヒンドゥスタン・ユニリーバの製品です。
e0231646_22382350.jpg

[PR]
by pudina | 2014-03-06 22:42 | インドいろいろ | Trackback | Comments(2)