日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

出発

ブログも全然アップできていないのですが、(勝手に)春節休みということでこれからちょこっとお出かけです!

最近ずっと大阪から関空行きのバスが混んでいてすぐに乗れなかったりするのでラピートに乗ったのだけど・・・
e0231646_10174313.jpg


電車も、隠し撮りに失敗したけど、「私のかばん」を持った人などでほぼ満席で荷物置き場はスーツケースであふれかえっていました。
席があってよかったと思うべきか?(笑)
e0231646_10265532.jpg


ということで、またしばらく音信不通になりそうです。
e0231646_10265588.jpg


[PR]
# by pudina | 2016-02-03 10:26 | インド201602 | Comments(8)

辛来飯(カーライス)

今日は行くところがあって午後休みを取ったので、お昼は前から気になっていたこのお店で食べることにしました!
店名は、辛来飯と書いて、カーライスと読ませるそうです。
e0231646_18272743.jpg


メニュウはこんな感じです。
鶏チューリップのから揚げがたくさんトッピングされるらしいチキンを食べるつもりだったのに、売り切れでした。
半休を取ったからには昼休み開始と同時に飛び出すべきですが(笑)、出遅れて店に着いたのが2時過ぎだったので仕方ないか・・・
ところで、チューリップって手羽元だと思っていたのですが、手羽先もありなんでしょうか?
ちなみに、同じようなから揚げは、インドではチキン・ロリポップと呼ばれています。
e0231646_18272786.jpg


脱線しましたが、チキンがないならカキにしようかなあとも思ったけれど、ウインナーカレーを注文しました。
ルーは辛いのにするか甘いのにするか聞かれるので、辛い方で。

ウインナーはかなり大きいものが2本もついていました。
カレーは、ドロドロではなく割とサラッとした感じで、最初は辛くないと思ったけれど、食べているとじわじわ辛さを感じる感じでした。
(でも高校生グループは辛いと言っていたようなので、普通の人が食べると結構辛いのかも?)
唐辛子の辛さだけじゃなくて、味のバランスがいい感じで、インド人化が進んでいるので日本のカレーはあまり好きじゃない私も、このお店のはなかなかおいしいカレーだと思いました。
カリっと揚がったウインナーもカレーとの相性がよかったです。
e0231646_18272869.jpg


テーブルの上にあった薬味は、玉ねぎのピクルスみたいなものが珍しいので食べてみました。
あっさりした酢漬けみたいなものかと思うけれど、これもカレーと食べるとおいしくて結構気に入りました。
e0231646_18272822.jpg


こちらは店の外の看板です。
この「今日も元気に回っている」カレー混ぜ機(?)を帰る前に見せてもらって、あわよくば写真も撮らせてもらおうと思っていたのだけど、もうランチ営業終了準備で鍋に蓋がされているようだったのであきらめました。
e0231646_18272893.jpg


ちなみに、店のお父さんとお母さんは鼻歌を歌いながら働いているような感じで、お母さんの方は絶妙のタイミングでルーのおかわりを聞くように息子さん(?)に命令したり、お客さんに「お腹いっぱいになったか」と聞いたり、常連らしき人に「あんたが好きなチキンだけ売り切れやねん」とか、何とも人間味あふれる雰囲気が結構気に入ってしまいました。
私には、なぜか「あんたブラック飲めるんか」と聞いて、アイスコーヒーをサービスしてくれました。
寒いのにアイスコーヒーかと思ってしまったけれど、心は温かくなりました(笑)

ということで、また行くことがあれば、今度こそチキンとウインナー1本を食べたいです。

ところで、本町の駅にはいつの間にか「船場西」って別名がついているのでしょうか?
e0231646_18272926.jpg

[PR]
# by pudina | 2016-01-21 22:26 | 外でごはん | Comments(2)

会社の売店で買った野菜

更に古いネタを持ち出してきました(笑)

まだ暑かった頃に会社の売店に行ったら、野菜を売りに来ているおじさんがいました!
ナスやピーマンと並べて売られていたのがこちらの丸いズッキーニ。
e0231646_21312726.jpg


近所の市場でも見たことがあったけれど、3つで100円とはお買い得だと買ってみました。
まず作ったのはサンバル。
付け合わせは、当時我が家で流行っていた玉ねぎのチャツネです。
サンバルとかの汁ものに、インドで買った丸い赤唐辛子の小ぶりなものに丸ごとじっくり火を通してテンパリングするのは今でも流行中(笑)
e0231646_21315518.jpg


第2号は、チャツネにして、タマリンドライスと一緒に食べました。(玉ねぎチャツネの残り物も食べたみたい。)
ズッキーニチャツネは香取薫さんの「うまい、カレー。」という本に載っているレシピにほぼ忠実に作りました。
タマリンドライスの作り方はそのうち書こうとこれも夏か秋頃に思っていたのだっけ(笑)
e0231646_21342182.jpg


最後の3号は、シンプルにポリヤルにしました。
e0231646_2135462.jpg


一番おいしかったのはチャツネ。
瓜系の野菜はチャツネやトガイヤルにするとおいしいので、白いハヤトウリもチャツネにしたらよかったかも。
皮が厚そうに見えたけれど、火が通りにくいこともなく、よい買い物でした!

ピーマンも1袋 6個入りで100円だったので、ズッキーニほどではないにしろ、スーパーよりは安く買えたらしいのだけど、何を作ったかは写真を眺めながら思い出さないといけないので割愛(笑)
e0231646_21355999.jpg


そしてその後も野菜を売りに来るという日は売店チェックを欠かさないようにしたのですが、違う人たちがあまり魅力的じゃないものを売っていて、同じおじさんには再会できなかったのでした・・・
[PR]
# by pudina | 2016-01-11 18:52 | うちでごはん(インド veg) | Comments(2)

吉池で買った野菜

ちょっと前の話ですが、東京の吉池で買ってきた新潟の野菜はこんな風に食べました。

黄色というかオレンジ色(?)のカリフラワーは、まずこのレシピでCauliflower Pepper Fryにしました。
ポリヤルみたいなものだけど、黒胡椒を入れると一味変わってすっきりシャープな味でおいしかったです!
綺麗な薄黄色なのは、野菜の色よりも、ターメリックを少し入れて下茹でしたからと思われます(笑)
でもやっぱり普通の白いカリフラワーの方が食感がよいと思います。
e0231646_23242381.jpg


吉池購入ではないナスのサンバルと一緒に食べました。
e0231646_12134131.jpg


そして、白いハヤトウリ。
e0231646_12134134.jpg


数日経って皮が一部変色してしまったけれど、皮をむくと中はすごく綺麗でみずみずしいです。まるで洋梨みたい!
e0231646_12134257.jpg


これを大きめに切って、いろいろ適当に入れて煮て、ダルと合わせたら、予想以上に非常においしいものができました。
適当レシピがよかったと言うより、野菜の味と、豆との相性がよかったのだと思います。
カリフラワーはスパイスとひよこ豆粉を混ぜたものをまぶして焼いたものです。
e0231646_12134250.jpg


それでもまだ残っていたカリフラワーは、キャベツとジャガイモと一緒に北インドのサブジっぽい炒め物にしました。
e0231646_12134265.jpg


ハヤトウリ2号は!
e0231646_12134287.jpg


同じダルでもよかったのですが、野菜そのものを味わおうとポリヤルにしました。
カレーパウダーを使って炒めるレシピというのが珍しいと思ったのだけど、悪くはないけれど、適当ダルのおいしさには敵いませんでした。
(ウラドダルとかもちょっと焦がしてしまいました・・・)
e0231646_12134376.jpg

[PR]
# by pudina | 2016-01-09 19:40 | うちでごはん(インド veg) | Comments(6)

葉っぱのご飯

少しだけ年末年始っぽいこともしたけれど、我が家の食生活はもうすっかり南インド式に戻りました(笑)

年末料理する時間がなかった時に使ったのが、このThuduvalai Leaf Rice Powderというものです。
e0231646_12461637.jpg


Thuduvalaiという葉っぱとダル(豆)や唐辛子が入った粉で、油(ギーまたはインドのごま油)と一緒に炊いたご飯に混ぜるだけでOK。
これはスーパーで買ったのですが、このKrishnaという店はトリッチーのお菓子屋さんみたいです。
(開けた時点で賞味期限が切れていたのは秘密です。)
e0231646_12461693.jpg


中はきな粉に抹茶でも混ぜたような薄緑色の粉です。
e0231646_12461750.jpg


出来上がりがこちら。
ちょっとやる気を出して、Nalla Ennaiそのままではなくマスタードとウラドダルと乾燥カレーリーフをパチパチさせた油を混ぜて、トマトのトックも作りました。
味は、思ったより唐辛子が効いていて、葉っぱの癖もあるような気がするけれど豆の味に相殺されて食べにくいこともなく、普通においしい混ぜご飯という感じでした。
e0231646_12480229.jpg


これ、「ものすごく体にいい葉っぱだ」と夫が言うので買ってきたのですが、Thuduvalai Leafって何なのかとWikipediaを見ると(笑)、Solanum trilobatumというハーブで棘がいっぱいあるらしいです。

もう一つ同じシリーズのVallarai Leafも買っており、こちらはだいぶ前に一度食べて残りが冷蔵庫に眠っていたので、これももう一度同じように作ってみました。
e0231646_12461828.jpg


葉っぱが違う以外は原材料も調理方法もほぼ同じです。
e0231646_12461850.jpg


夫はVallarai Leafの方がおいしいと言ったけれど、混ぜた粉の量がちょうど良かったとかそういう理由かもしれません。
2種類同時に食べないと、あまり味の違いは分からないように思いました。
e0231646_12461865.jpg


Vallarai Leafは何なのかとまたWikipediaを見ると(笑)、"Centella asiatica, commonly known as centella and gotu kola"ってスリランカ料理でもよく使う葉っぱのことでした。
これはもしかして、ポンポコ研究所長にもらってまだ飲んでいないツボクサドリンクとも同じ葉っぱかなと思った後に、Wiki日本語版もあることに気づいたのだけど、ツボクサ、「日本では単なる雑草として扱われる」ってその辺に生えているのでしょうか?(笑)
そして、私はGotu KolaとGongura(タミル語でPulicha Keerai)を混同していたかもと思ったのですが、名前を聞いてもよく分からないので、インドででも生の葉っぱを何回か見せてもらったら違いが分かるかも・・・

葉っぱと言えば、正月用になかなかいい絵が見つけられなかったガネーシャを、昨日になって夫がFacebookで見つけて「こっちの方がいいのでは」と言ってきました。
目が怖いけど、葉っぱ以上に瓜の活用っぷりが素晴らしいです(笑)
e0231646_23331907.jpg

[PR]
# by pudina | 2016-01-04 13:58 | インド食の材料 | Comments(2)