日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

謹賀新年2016

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年のインド的な絵柄を探してみたけれど、お猿の神様とかこれと言ったものは見つからず・・・
困った時のガネーシャで。
DESI SITE FOR DESI PEOPLEと書いてあるところから借りてきました(笑)
e0231646_15533556.jpg


インド人化が進み年々正月気分も薄れてしまっているので、昨日は自分一人でも見ない紅白を夫に見せてみたら、石川さゆりさんが上手いと言うので、なかなか趣味が良いのじゃないかと思ったのでした(笑)

年末にインド食材店で楽しいカレンダーももらったし、良い年になるといいのですが。

e0231646_16395151.jpg

e0231646_16395128.jpg


[PR]
# by pudina | 2016-01-01 16:40 | インドいろいろ | Comments(4)
今日紹介するのは、New Mysore Carbolicという石鹸です。
これは店で見つけた時に、「昔の石鹸みたいな匂いだから買ってみたい」と夫から言われたものなのですが、特別期待もしていませんでした(笑)
真っ赤なパッケージのデザインも昔風かも。
e0231646_12511847.jpg


150gと石鹸が大きいのに、20ルピーというのは好印象です。
e0231646_12511805.jpg


中の石鹸も真っ赤なのも好印象です(笑)
e0231646_12511905.jpg


裏面に刻まれているのはライオン?ライオンに象の頭がついているようにも見えるのですが・・・
e0231646_12511982.jpg


この石鹸、開封するとものすごくいい匂いでした!
薬のようなインドのような(笑)何とも言えない香りが、使った後もしばらく持続してとってもいい気分になれます。
お風呂のドアをぴったり締めていなかったら、隣の部屋まで漂ってくる香りがまた良いのでした。
夫はこの包装紙をしばらくトイレの芳香剤代わりに棚の上に置いていたくらい。
万人に好まれる香りではないかもしれませんが・・・

「Karnataka Soaps & Detergents Ltdって、Mysore Sandal Soapと同じ会社じゃないか!」とだいぶしてから写真を見て気づいたのでした。
e0231646_12511943.jpg


実はcarbolicの意味が分からなかったのですが、carbolic soapは石炭酸石鹸?
日本語でも意味が分かりませんが(笑)、コレラ予防と書いてあるところもあったけれど、殺菌作用が強いということでしょうか。

よく理解できていないながら、この石鹸は次回インド行きの時も売っていたらぜひ買わないと!
[PR]
# by pudina | 2015-12-28 06:54 | インドいろいろ | Comments(4)
北海道在住のmayis-havaalaniさんがコメントで、東京の蒲田のホテルにスリランカ料理の店が入っていて、ランチブッフェをやっていると教えてくれました。

仕事で蒲田に行くチャンスは永遠になさそうだし昼から東京に行く時に寄り道するしかないなあと思ったのですが、調べてみるとアーユルヴェーダモーニングもやっているようなので、前日に予約して行ってみました。
(ホテルの宿泊客じゃなくてもOKだけど、予約が必要と言われました。)
朝は苦手なのに早起きして、往復1時間かけてモーニングを食べに行く自分に苦笑しつつ(笑)
ディデアンというお店に無事到着!
e0231646_15475604.jpg


テーブルに敷いてくれたのは、アーユルヴェーダ料理通信という紙でした。
胃袋の3分の1は固形分、3分の1は水分、3分の1は空気って、3分の1は空けておけということですよね。
ごもっともだと思うけれど、なかなか実践できません・・・
e0231646_1691283.jpg


最初に出てきたのが、コリアンダーのお茶と小松菜のお粥でした。
コリアンダーのお茶って、乾燥コリアンダーシードを水で煮出したもので、家で夫が作ってくれたこともありますが、案外飲みやすいんです。
お粥はココナッツミルクで煮た感じで、米は普通の日本米じゃないようだったけど、何のお米かまでは分からず。とっても優しい味で胃が目覚める感じでした。
e0231646_1683100.jpg


メインのプレートがこちら。
ピットゥと説明してくれたのですが、南インドのPuttuと同じなら、米粉などを筒状に蒸したものなのだけど・・・
これは、どう見てもどう食べても、セモリナ粉を煎ってから煮るUpmaでは?スリランカでは名前が違うのかな。
ゆで卵の上はキャベツとひよこ豆の和え物、他はゆで卵の下にオクラをココナッツで煮たようなものが隠れていて、そこから時計回りに、ビーツ、チキン、ポテト炒め、ダルを煮たものでした。
e0231646_16113666.jpg
チキンとポテトはややスパイシーでしたが、他はかなりあっさりした味付けでした。
どれもおいしかったので、まあPuttuでもUpmaでもいいやと思いました(笑)
店員さんはスリランカ人シェフも日本人の方もとっても感じが良くて、質問したらきっと詳細を教えてくれただろうけれど、あまり時間もなかったしやめておきました。
こういう料理なら肉はいらない気がしたけれど、この鶏カレーもご飯と一緒にたっぷり食べたい美味しさでした。

量はちょっと少ないかなと思ったけれど、デザートとミルクティーでちょうど満腹になりました。
デザートは、ヨーグルトの中に、どうしても芋なのか違うのか分からないものが入ったもので、これもおいしかったです。
e0231646_16124426.jpg

メニューは日替わりのようなのでまたモーニングにも行ってみたいですが、今度はランチも試してみたいです。


同じ日の昼食は、こちらで。
中国のお客さん、松屋や吉野家に行きそうだったのですが、それでは面白くないので外国人に人気らしい富士そばに連行してみました(笑)
e0231646_00182077.jpg


特選富士だっけ、400円ちょっと。
e0231646_00100027.jpg


立ち食いならやめようと思っていたけれど椅子のある席もあったのですが、確保したはずの席には他のお客さんが座っているし、コートも置く場所がないから脱げず慌ただしく食べたのでした。
「貴重な経験をしました」と言われたけれど、私にとってもかなり貴重な経験でした(笑)
[PR]
# by pudina | 2015-12-21 00:18 | 外でごはん | Comments(4)

東京タワー

なぜか昨夜こんなところにやって来て・・・
e0231646_08571098.jpg


こんな夕食になっちゃいました。
e0231646_08571134.jpg

e0231646_08571164.jpg


今朝はいい天気058.gif
e0231646_08571212.jpg


[PR]
# by pudina | 2015-12-18 08:53 | 外でごはん | Comments(2)
今週また東京に行くことになったので、今回は早めの時間に移動して、ビリヤニを食べに行くことにしました!
やって来たのは上野のハリマ・ケバブ・ビリヤニというお店です。
e0231646_1531573.jpg


ランチメニューにはビリヤニに・・・
e0231646_154723.jpg


カレーも珍しいものがいろいろあって気になったのですが、初志貫徹でラムビリヤニのセットをお願いして、ドリンクはチャイにしました。
e0231646_1555140.jpg


まずサラダとサービスと言って出してくれたスープ。
サラダの味付けはスパイスと塩とレモンという感じで、べっとりしたドレッシングがあまり好きではない私にはバッチリ好みの味でした。が、下の方に普通のドレッシングがかけてあって後でちょっとガッカリしたのですが(笑)
サラダの上の四角いものはパニールではなくて、木綿豆腐角切りでしたが、これもまたよいかも。
e0231646_1583931.jpg


スープはラッサムでした。
よく家で作っているけれど、たまには外で食べるのもいいものです(笑)
焦がした赤唐辛子も私は食べちゃいますが、なかなか香りのよい唐辛子でした。
e0231646_1518924.jpg


そして、セットのライタだけではなく、また「サービスです」とカレーとチキンを持ってきてくれました。
e0231646_15124075.jpg


さらには、「チャイは後で出すから今はマンゴーラッシー飲んで」だって!
ラッシーも濃厚でおいしいものでした。
「もしかすると、私が今日最初の客だからこんなにサービスしてくれるのかな」と思ったのですが、後で来た他のお客さんにも同じようにいろいろ出しているようでした。
e0231646_15134932.jpg


肝心のビリヤニもおいしそうなものが結構山盛りで登場しました。
e0231646_1519492.jpg


テーブルの上には、一人分と思えないくらい豪華なご馳走が並んでおります(笑)
e0231646_21501083.jpg


ビリヤニには、これも多分サービスの豆せんべいパパドに、ピクルスと生玉ねぎスライスと、なぜかオレンジも添えてありました。
注文時に辛さを選ぶようにとのことで、「ノーマル、??ホット、ベリーホット、ベリーベリーホット」と言われたのですが、二番目がどうしても聞き取れず。
聞き直したけれど分からなくて、でもビリヤニは辛さを求める料理でもないし、「ノーマルの次のやつで」と注文していました。
しばらくしてから、「a little hotと言ってたんだ!半ばインド人なのに聞き取れなくてごめんよ!」と心の中で思ったのでした。
e0231646_21501053.jpg


ラムは大量に入っていて、一切れリブの部分以外は骨もありませんでした。
そして、柔らかく炊かれた具合も、肉の味も良かったです。
インドでも、これだけ太っ腹にお肉たっぷりのビリヤニって最近少なくなっているかも・・・
グリーンチリなどを後から増やした感じでもないのでどうやって辛さ調整をしているのか分からないのですが、リトルでも結構ホットだったので、辛さアップなしでもよかったかなと思いました。
e0231646_21501199.jpg


サービスでくれた豆のカレー、ビリヤニにダルって合わないのじゃないかと思ったのですが、こってり味でニンニクが効いたもので、ビリヤニのお供にもよかったです!
私はライタは好きじゃないけど、食べてみたらとってもフレッシュな感じでこれなら大丈夫かもと思って、豆の合間にちょこっとライタをかけながらビリヤニを食べました。
かなりお腹がいっぱいになってきたのですが、「バスマティライスは軽いし大丈夫」と自分に言い聞かせながら何とかほとんど全部食べ切りました・・・
e0231646_1527795.jpg


もう一つのサービス品、こういうミントやコリアンダーを使った緑色のインド料理は大好きですが、この時はもうお腹がいっぱいで、このまま手をつけないでおこうかと思ってしまいました(笑)
でも、せっかくサービスで出してくれたしと思って食べたのですが、この鶏料理より、ビリヤニの中のラム肉の方がおいしかったです。
e0231646_15351995.jpg


最後にチャイと、「デザートはサービスです」と出してくれたピスタチオアイスをいただいて、重すぎるお腹を抱えながら店を出ました。
e0231646_21501263.jpg


上野駅まで戻ってもまだ少し時間があったので・・・
e0231646_21501207.jpg


御徒町まで歩いてみたけれど、それぐらいでは全く効果なく、この日は夜になってもあまりお腹が空きませんでした。
e0231646_21501331.jpg

[PR]
# by pudina | 2015-12-12 19:00 | 外でごはん | Comments(6)