日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今週また東京に行くことになったので、今回は早めの時間に移動して、ビリヤニを食べに行くことにしました!
やって来たのは上野のハリマ・ケバブ・ビリヤニというお店です。
e0231646_1531573.jpg


ランチメニューにはビリヤニに・・・
e0231646_154723.jpg


カレーも珍しいものがいろいろあって気になったのですが、初志貫徹でラムビリヤニのセットをお願いして、ドリンクはチャイにしました。
e0231646_1555140.jpg


まずサラダとサービスと言って出してくれたスープ。
サラダの味付けはスパイスと塩とレモンという感じで、べっとりしたドレッシングがあまり好きではない私にはバッチリ好みの味でした。が、下の方に普通のドレッシングがかけてあって後でちょっとガッカリしたのですが(笑)
サラダの上の四角いものはパニールではなくて、木綿豆腐角切りでしたが、これもまたよいかも。
e0231646_1583931.jpg


スープはラッサムでした。
よく家で作っているけれど、たまには外で食べるのもいいものです(笑)
焦がした赤唐辛子も私は食べちゃいますが、なかなか香りのよい唐辛子でした。
e0231646_1518924.jpg


そして、セットのライタだけではなく、また「サービスです」とカレーとチキンを持ってきてくれました。
e0231646_15124075.jpg


さらには、「チャイは後で出すから今はマンゴーラッシー飲んで」だって!
ラッシーも濃厚でおいしいものでした。
「もしかすると、私が今日最初の客だからこんなにサービスしてくれるのかな」と思ったのですが、後で来た他のお客さんにも同じようにいろいろ出しているようでした。
e0231646_15134932.jpg


肝心のビリヤニもおいしそうなものが結構山盛りで登場しました。
e0231646_1519492.jpg


テーブルの上には、一人分と思えないくらい豪華なご馳走が並んでおります(笑)
e0231646_21501083.jpg


ビリヤニには、これも多分サービスの豆せんべいパパドに、ピクルスと生玉ねぎスライスと、なぜかオレンジも添えてありました。
注文時に辛さを選ぶようにとのことで、「ノーマル、??ホット、ベリーホット、ベリーベリーホット」と言われたのですが、二番目がどうしても聞き取れず。
聞き直したけれど分からなくて、でもビリヤニは辛さを求める料理でもないし、「ノーマルの次のやつで」と注文していました。
しばらくしてから、「a little hotと言ってたんだ!半ばインド人なのに聞き取れなくてごめんよ!」と心の中で思ったのでした。
e0231646_21501053.jpg


ラムは大量に入っていて、一切れリブの部分以外は骨もありませんでした。
そして、柔らかく炊かれた具合も、肉の味も良かったです。
インドでも、これだけ太っ腹にお肉たっぷりのビリヤニって最近少なくなっているかも・・・
グリーンチリなどを後から増やした感じでもないのでどうやって辛さ調整をしているのか分からないのですが、リトルでも結構ホットだったので、辛さアップなしでもよかったかなと思いました。
e0231646_21501199.jpg


サービスでくれた豆のカレー、ビリヤニにダルって合わないのじゃないかと思ったのですが、こってり味でニンニクが効いたもので、ビリヤニのお供にもよかったです!
私はライタは好きじゃないけど、食べてみたらとってもフレッシュな感じでこれなら大丈夫かもと思って、豆の合間にちょこっとライタをかけながらビリヤニを食べました。
かなりお腹がいっぱいになってきたのですが、「バスマティライスは軽いし大丈夫」と自分に言い聞かせながら何とかほとんど全部食べ切りました・・・
e0231646_1527795.jpg


もう一つのサービス品、こういうミントやコリアンダーを使った緑色のインド料理は大好きですが、この時はもうお腹がいっぱいで、このまま手をつけないでおこうかと思ってしまいました(笑)
でも、せっかくサービスで出してくれたしと思って食べたのですが、この鶏料理より、ビリヤニの中のラム肉の方がおいしかったです。
e0231646_15351995.jpg


最後にチャイと、「デザートはサービスです」と出してくれたピスタチオアイスをいただいて、重すぎるお腹を抱えながら店を出ました。
e0231646_21501263.jpg


上野駅まで戻ってもまだ少し時間があったので・・・
e0231646_21501207.jpg


御徒町まで歩いてみたけれど、それぐらいでは全く効果なく、この日は夜になってもあまりお腹が空きませんでした。
e0231646_21501331.jpg

[PR]
# by pudina | 2015-12-12 19:00 | 外でごはん | Trackback | Comments(6)
今朝は本町の方に出かける用事があったので、その後休みの夫と待ち合わせてランチに行こうと話していたのだけど、「昨日遅くまで飲んでいてしんどいから、一人で食べておいで」と言われてしまいました・・・

二人で行きたい店は目星をつけていたのだけど、一人だしちょっと遠いなあと思ってしまい、別のネパール料理の店に行ってみたら定休日じゃないのに休み・・・

ネットで調べて次にやって来た店も・・・
インド方面に研修に行っているんだって・・・
e0231646_15443177.jpg


今日は何だか運が悪い日みたいなので、もう家に帰ろうかとも思ったけれど、こうなったらヤケクソで、夫と行くつもりだった店に行くことにしました。
地下鉄に乗ってもよかったけれど、歩いて行って、途中で他に良さそうな店があれば入るつもりでした。

この辺りはオフィス街なので、日曜日は平和な雰囲気です。
e0231646_15443142.jpg


カレー家??
e0231646_15443157.jpg

他にも怪しすぎるラーメン屋とか、派手すぎるインドカフェとかあったのですが、決め手に欠ける気がしたので歩き続けました。

ようやく阿波座駅の近くに来ました。
本町に近いけれど、この辺りまで来るとオフィス街の雰囲気は無し。
e0231646_15443107.jpg


そして到着したシーギリヤ、営業していたのでとても嬉しかったです!(笑)
e0231646_15443244.jpg


スリランカのロティって、南インドのパロータと同じもの?
それも気になるし、カレーパスタとか斬新なメニューもあるのですが・・・
e0231646_15443271.jpg


人気(大人気だったかも)と書いてあるライス&カレーをお願いしました。
選べるカレーはポークにしました。
なかなかカラフルで美味しそう!
e0231646_15443252.jpg


裏側はこんな感じです。
e0231646_15443261.jpg

真ん中にポーク、後はダル(パリップだっけ)、ポルサンボルに、ナスとビーツの炒め物、青菜の和え物がついていました。
「混ぜて食べて」と言われたけれど、最初はそれぞれ味わってみました。
どれも辛さはかなり控えめで、ココナッツが使われている料理が多いですが、辛くないけどスパイシーでそれぞれ美味しいです。
(スリランカに行ったのはかなり前で記憶が怪しいですが、現地ではポルサンボルとかかなり唐辛子が効いていたと思います。)
南インド料理と似ているところもあるけれど味付けがかなり違う・・・けれど、何のスパイスが違うかまでは分からず。
私が特に気に入ったのが、ダルとナスで、何なら肉無しでもいいくらいでした(笑)
半ばインド人のくせに全部混ぜて食べるというのは苦手なのですが、混ぜることでまた違う味になり美味しくなるというのも分かりました。

食後はミルクティーがついていて大満足♪
e0231646_15443330.jpg


サービスの人が思いっきり私服なのは現地スタイルかと思ったけれど(笑)、料理の説明やお茶を出してくれるタイミングとか、適度な距離感とか、非常に素晴らしい接客でした。
店内も落ち着いてゆっくりできる感じだし、ぜひまた行きたいなと思いました。




[PR]
# by pudina | 2015-12-06 19:35 | 外でごはん | Trackback | Comments(4)

Chettinadu Mansionの朝食

Chettinadu Mansionに1泊した翌朝はホテルで朝ごはんを食べました。
たしか、直接予約すると朝食の有無で料金が違い、私がいくらか割り引かれた料金で予約したブッキングサイトには朝食付きと書いてあったのだけど、本当に食事がついているのか疑っていました(笑)
でも、前日夜に「朝食は何時にする?」と聞いてくれたので一安心。

朝食会場は、正面入り口近くのホールのような場所で、雰囲気は非常によいです。
e0231646_1452464.jpg


こんな感じで、南インドの朝食メニュー盛り合わせが出てきました。
パニヤーラム(米の生地をたこ焼きみたいな形に焼いたもの)はチェティナドゥの名物料理だそうで、他はポンガルとサンバルワダでした。
サンバルもチャツネも非常にやさしい味で、普段の好みからすると辛さがほしいところだけど、朝食だしおいしくいただきました!
e0231646_1453262.jpg


他には果物やお菓子(西洋風)が出てきたのと、卵を食べるか聞かれたのでオムレツをもらったのですが、オムレツの写真は消してしまいました・・・
オムレツはインド式マサラオムレツの辛くないものという感じだったので、西洋人客でインド料理を好まない人にはオムレツとパンとかを出すのだと思います。
e0231646_14564423.jpg


後ろに写っているおじさんが各テーブルを回ってお客さんと話をされていて、私たちのところにも来てくれましたが、いろいろと知識も豊富でビジネスで海外にも結構行っているそうなのに「中国の中国料理よりインドで食べる中国料理の方がおいしい」と言っていたのが面白かったです。
(手前の怪しい人は、インドの熱で自撮りカメラしか使えなくなったiPhoneで写真を撮ろうとがんばっています・・・)
e0231646_14595526.jpg


オムレツの写真の代わりに天井の写真を載せて終わりにします。
e0231646_10424322.jpg

[PR]
# by pudina | 2015-12-05 15:10 | インド201502 | Trackback | Comments(2)

船上レストラン?

中国 威海市にて、こんなところに食事に行きました。
日本でならともかく、こういうところは大好きなので、到着した時はワーオという感じでした(笑)
e0231646_20022384.jpg


iPodのカメラでは入りきらなかったのでもう一枚。
海上世界の上の漢字が何だったか分からないのは秘密です(笑)
e0231646_20022330.jpg


中に入ると、というか乗船すると(?)、こんな生け簀でいろいろな生物が泳いでいました。
食材を選んで好みの方法で料理してもらうのですが、一番偉い人が、一人一品選ぶべしという命令を出しました。
e0231646_20022416.jpg


こちらは海鮮でも小物(笑)や野菜のコーナーです。
e0231646_20022448.jpg


このロマネスコを選んだ人がいたけれど、私は普通のカリフラワーの方が好きです。
e0231646_20022429.jpg


蟹は高いのではないかと悩んだりしていて、もうそろそろ注文もよいのではないかと思ったけれど、やっぱり選ばないといけないようなので、周りの後押しもあり蟹を指定しちゃいました(笑)

これは名前を教えてもらったのだけど、何だっけ?
e0231646_20022533.jpg


蝦蛄やら・・・
e0231646_21403094.jpg


アワビにうなぎ(?)、でもやっぱり餃子がおいしいです。具は鯖か何かだっけ?
e0231646_20022595.jpg


蟹はシンプルに蒸したようなものが出てきたけれど、白酒効果であまり記憶がありません。
やっぱり食べにくいなあと思った気がするのでちゃんと食べて帰ってきたのだと思われますが・・・
e0231646_20022669.jpg

で、店にいる間、全く揺れもなにも感じなかったので、これは本当に船だったのだろうかという気もしてきたのでした・・・

[PR]
# by pudina | 2015-12-03 23:06 | 中国 | Trackback | Comments(2)

Chicken Sukka

先日、なぜだったか忘れたけれどチキン・シュッカを作ろうと思い、このレシピが作りやすそうだったので試してみました。
Sukka(Chukka)というのは、ドライな炒め物のことで、作ってみようと思ったくせに実はレストランとかでは食べたことがないかも(笑)
e0231646_00454310.jpg


この日は、ノンベジのおかずとも相性が良いラッサムと一緒に食べました。
e0231646_00454389.jpg


このシュッカ、夫がずいぶん気に入ったということで、翌日も同じものを作ることに・・・
このレシピ、実はチキングレービー(汁のあるカレー)とシュッカを同時に作るものだと初日に料理を始めてから気づいたのですが、汁気がなくなるまでひたすら炒める(笑)方法で2日ともシュッカだけ作りました。
e0231646_00454321.jpg


2日目はご飯とこれだけで食べようと思って若干汁気を残したつもりだったけれど、前日とあまり変わりなかったかも?
夫はカードライス(ヨーグルトご飯)のお供に最高だと喜んでいました。
e0231646_00454458.jpg


一昨日の土曜日もまたチキン・シュッカを作ることにしたのですが、今回は違うレシピで作ってみました。
e0231646_00454476.jpg


ヨーグルトとスパイスで鶏肉をマリネしておいてから焼くので、前のレシピと使うスパイスはあまり違わないのに何となくタンドーリ・チキンのような味わいでもあるのですが、これが実においしかったです!
肉は近所の某スーパーで売られている肩肉というものを使いました。
e0231646_00454477.jpg


この日は時間もあったので、主食はこのレシピでエッグ・プラオにしました。
圧力鍋でビリヤニやプラオ、以前にも作ったことがあるのですが、鍋底を焦がしてしまうことが多かったので、今回も(卵はもう火が通っているし)圧力をかけるべきか迷ったのですが、1 whistleで実にうまくできました!
後は、柔らかいご飯は苦手なのでつい水を控えめにしたくなるのだけど、バスマティライスを30分強吸水させておいて、煮る時にも米2カップに対して2.5カップ弱くらいの水を入れました。それが良かったのか、他の条件が良かったのか不明ですが・・・
ジャガイモは火が通りすぎて崩れてしまったのが、唯一の反省点かな。
e0231646_00454540.jpg


[PR]
# by pudina | 2015-11-30 22:50 | うちでごはん(インド non-veg) | Trackback | Comments(6)