日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:plao/biryani ( 2 ) タグの人気記事

今週また東京に行くことになったので、今回は早めの時間に移動して、ビリヤニを食べに行くことにしました!
やって来たのは上野のハリマ・ケバブ・ビリヤニというお店です。
e0231646_1531573.jpg


ランチメニューにはビリヤニに・・・
e0231646_154723.jpg


カレーも珍しいものがいろいろあって気になったのですが、初志貫徹でラムビリヤニのセットをお願いして、ドリンクはチャイにしました。
e0231646_1555140.jpg


まずサラダとサービスと言って出してくれたスープ。
サラダの味付けはスパイスと塩とレモンという感じで、べっとりしたドレッシングがあまり好きではない私にはバッチリ好みの味でした。が、下の方に普通のドレッシングがかけてあって後でちょっとガッカリしたのですが(笑)
サラダの上の四角いものはパニールではなくて、木綿豆腐角切りでしたが、これもまたよいかも。
e0231646_1583931.jpg


スープはラッサムでした。
よく家で作っているけれど、たまには外で食べるのもいいものです(笑)
焦がした赤唐辛子も私は食べちゃいますが、なかなか香りのよい唐辛子でした。
e0231646_1518924.jpg


そして、セットのライタだけではなく、また「サービスです」とカレーとチキンを持ってきてくれました。
e0231646_15124075.jpg


さらには、「チャイは後で出すから今はマンゴーラッシー飲んで」だって!
ラッシーも濃厚でおいしいものでした。
「もしかすると、私が今日最初の客だからこんなにサービスしてくれるのかな」と思ったのですが、後で来た他のお客さんにも同じようにいろいろ出しているようでした。
e0231646_15134932.jpg


肝心のビリヤニもおいしそうなものが結構山盛りで登場しました。
e0231646_1519492.jpg


テーブルの上には、一人分と思えないくらい豪華なご馳走が並んでおります(笑)
e0231646_21501083.jpg


ビリヤニには、これも多分サービスの豆せんべいパパドに、ピクルスと生玉ねぎスライスと、なぜかオレンジも添えてありました。
注文時に辛さを選ぶようにとのことで、「ノーマル、??ホット、ベリーホット、ベリーベリーホット」と言われたのですが、二番目がどうしても聞き取れず。
聞き直したけれど分からなくて、でもビリヤニは辛さを求める料理でもないし、「ノーマルの次のやつで」と注文していました。
しばらくしてから、「a little hotと言ってたんだ!半ばインド人なのに聞き取れなくてごめんよ!」と心の中で思ったのでした。
e0231646_21501053.jpg


ラムは大量に入っていて、一切れリブの部分以外は骨もありませんでした。
そして、柔らかく炊かれた具合も、肉の味も良かったです。
インドでも、これだけ太っ腹にお肉たっぷりのビリヤニって最近少なくなっているかも・・・
グリーンチリなどを後から増やした感じでもないのでどうやって辛さ調整をしているのか分からないのですが、リトルでも結構ホットだったので、辛さアップなしでもよかったかなと思いました。
e0231646_21501199.jpg


サービスでくれた豆のカレー、ビリヤニにダルって合わないのじゃないかと思ったのですが、こってり味でニンニクが効いたもので、ビリヤニのお供にもよかったです!
私はライタは好きじゃないけど、食べてみたらとってもフレッシュな感じでこれなら大丈夫かもと思って、豆の合間にちょこっとライタをかけながらビリヤニを食べました。
かなりお腹がいっぱいになってきたのですが、「バスマティライスは軽いし大丈夫」と自分に言い聞かせながら何とかほとんど全部食べ切りました・・・
e0231646_1527795.jpg


もう一つのサービス品、こういうミントやコリアンダーを使った緑色のインド料理は大好きですが、この時はもうお腹がいっぱいで、このまま手をつけないでおこうかと思ってしまいました(笑)
でも、せっかくサービスで出してくれたしと思って食べたのですが、この鶏料理より、ビリヤニの中のラム肉の方がおいしかったです。
e0231646_15351995.jpg


最後にチャイと、「デザートはサービスです」と出してくれたピスタチオアイスをいただいて、重すぎるお腹を抱えながら店を出ました。
e0231646_21501263.jpg


上野駅まで戻ってもまだ少し時間があったので・・・
e0231646_21501207.jpg


御徒町まで歩いてみたけれど、それぐらいでは全く効果なく、この日は夜になってもあまりお腹が空きませんでした。
e0231646_21501331.jpg

[PR]
by pudina | 2015-12-12 19:00 | 外でごはん | Trackback | Comments(6)

Chicken Sukka

先日、なぜだったか忘れたけれどチキン・シュッカを作ろうと思い、このレシピが作りやすそうだったので試してみました。
Sukka(Chukka)というのは、ドライな炒め物のことで、作ってみようと思ったくせに実はレストランとかでは食べたことがないかも(笑)
e0231646_00454310.jpg


この日は、ノンベジのおかずとも相性が良いラッサムと一緒に食べました。
e0231646_00454389.jpg


このシュッカ、夫がずいぶん気に入ったということで、翌日も同じものを作ることに・・・
このレシピ、実はチキングレービー(汁のあるカレー)とシュッカを同時に作るものだと初日に料理を始めてから気づいたのですが、汁気がなくなるまでひたすら炒める(笑)方法で2日ともシュッカだけ作りました。
e0231646_00454321.jpg


2日目はご飯とこれだけで食べようと思って若干汁気を残したつもりだったけれど、前日とあまり変わりなかったかも?
夫はカードライス(ヨーグルトご飯)のお供に最高だと喜んでいました。
e0231646_00454458.jpg


一昨日の土曜日もまたチキン・シュッカを作ることにしたのですが、今回は違うレシピで作ってみました。
e0231646_00454476.jpg


ヨーグルトとスパイスで鶏肉をマリネしておいてから焼くので、前のレシピと使うスパイスはあまり違わないのに何となくタンドーリ・チキンのような味わいでもあるのですが、これが実においしかったです!
肉は近所の某スーパーで売られている肩肉というものを使いました。
e0231646_00454477.jpg


この日は時間もあったので、主食はこのレシピでエッグ・プラオにしました。
圧力鍋でビリヤニやプラオ、以前にも作ったことがあるのですが、鍋底を焦がしてしまうことが多かったので、今回も(卵はもう火が通っているし)圧力をかけるべきか迷ったのですが、1 whistleで実にうまくできました!
後は、柔らかいご飯は苦手なのでつい水を控えめにしたくなるのだけど、バスマティライスを30分強吸水させておいて、煮る時にも米2カップに対して2.5カップ弱くらいの水を入れました。それが良かったのか、他の条件が良かったのか不明ですが・・・
ジャガイモは火が通りすぎて崩れてしまったのが、唯一の反省点かな。
e0231646_00454540.jpg


[PR]
by pudina | 2015-11-30 22:50 | うちでごはん(インド non-veg) | Trackback | Comments(6)