日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:sambar kuzhambu ( 3 ) タグの人気記事

会社の売店で買った野菜

更に古いネタを持ち出してきました(笑)

まだ暑かった頃に会社の売店に行ったら、野菜を売りに来ているおじさんがいました!
ナスやピーマンと並べて売られていたのがこちらの丸いズッキーニ。
e0231646_21312726.jpg


近所の市場でも見たことがあったけれど、3つで100円とはお買い得だと買ってみました。
まず作ったのはサンバル。
付け合わせは、当時我が家で流行っていた玉ねぎのチャツネです。
サンバルとかの汁ものに、インドで買った丸い赤唐辛子の小ぶりなものに丸ごとじっくり火を通してテンパリングするのは今でも流行中(笑)
e0231646_21315518.jpg


第2号は、チャツネにして、タマリンドライスと一緒に食べました。(玉ねぎチャツネの残り物も食べたみたい。)
ズッキーニチャツネは香取薫さんの「うまい、カレー。」という本に載っているレシピにほぼ忠実に作りました。
タマリンドライスの作り方はそのうち書こうとこれも夏か秋頃に思っていたのだっけ(笑)
e0231646_21342182.jpg


最後の3号は、シンプルにポリヤルにしました。
e0231646_2135462.jpg


一番おいしかったのはチャツネ。
瓜系の野菜はチャツネやトガイヤルにするとおいしいので、白いハヤトウリもチャツネにしたらよかったかも。
皮が厚そうに見えたけれど、火が通りにくいこともなく、よい買い物でした!

ピーマンも1袋 6個入りで100円だったので、ズッキーニほどではないにしろ、スーパーよりは安く買えたらしいのだけど、何を作ったかは写真を眺めながら思い出さないといけないので割愛(笑)
e0231646_21355999.jpg


そしてその後も野菜を売りに来るという日は売店チェックを欠かさないようにしたのですが、違う人たちがあまり魅力的じゃないものを売っていて、同じおじさんには再会できなかったのでした・・・
[PR]
by pudina | 2016-01-11 18:52 | うちでごはん(インド veg) | Trackback | Comments(2)

何日か前の夕食

冷蔵庫で眠っているナスでこの日こそはEnnai Kathirikai Kuzhambuを作ろうと思い、切り目を入れたナスに唐辛子やコリアンダー、ココナツなどなどを粉にしたものを詰めていたら・・・
e0231646_2243828.jpg

隣で夫が違う粉を調合してオクラに詰め始めました。
e0231646_2251465.jpg

というわけで詰め物満載(?)の夕食が完成。Ennai Kathirikai Kuzhambuはナスにスパイスさえ詰め終われば、後は炒めてタマリンドで煮込むだけなので意外に楽ちん。ナスから粉がこぼれても汁に溶け込むわけなので、綺麗に詰める必要もありません。
e0231646_22104225.jpg


Ennai KathirikaiのEnnaiはタミル語で油、Kathirikaiはナスのことで、ナスの油炒めみたいな意味合いです。何年か前の写真だけど、本来はこのように小さいナスで作るものです。
e0231646_22162254.jpg
e0231646_22171838.jpg

奥に写っているのが完成形。
e0231646_22185588.jpg


Kuzhambuは、未だに定義が完全には理解できていないけれど、基本的には豆ベースではない汁気のある料理のこと。なので、Ennai Kathirikai KuzhambuはEnnai Kathirikaiのカレーというような意味です。これも本当は小さいナスがいいのだろうけど、結局煮ちゃうので日本の普通のナスでも問題なしと思いました。オクラはアムチュール(干したマンゴーの粉)が効いてて、クリスピーな食感で好きな味です。
[PR]
by pudina | 2013-06-21 22:34 | うちでごはん(インド veg) | Trackback | Comments(0)

Thallipu Vadagam

今回インドで大きいスーパーに行った際に、以前から気になっていた食材を見つけました。
e0231646_23401511.jpg

黒い団子状の物体です。知らない人が見るとちょっと食べ物には見えないかもしれないけど(笑)スパイスや玉ねぎを天日で干して、ひまし油を使って丸く固めたものだそうで、南インド料理好きにはたまらない匂いを発しています。
e0231646_2346144.jpg

Thallipuは英語でSeasoningとあるように、料理の際に油に香り付けをすることです。
e0231646_234893.jpg

夫も使い方はよく知らないそうなのですが、まずはサンバルに使ってみました。バラバラに崩して、最初にこいつを炒めてから他の材料を足していきました。
e0231646_2351686.jpg

e0231646_23513974.jpg

途中は全部飛ばして、出来上がり。浮かんでいる茶色っぽいものがVadagamです。
e0231646_23525033.jpg

普段のマスタードシードなどなどを使用した時とは香りが違っておいしいのはおいしいのだけど、どうもVadagamの特徴が掴みきれなかったので、Vadagamを活かしたシンプルな料理をと思って次に作ったのがこちら。
e0231646_23571836.jpg

ダルを玉ねぎやトマトと煮たものにThallipuしたのですが、これがしみじみ美味しい~。香ばしさと玉ねぎの甘みが感じられて、シンプルなダルが格段にレベルアップした感じ。
どんな風味のものなのかは分かったので、他の料理にいろいろ試してみる予定です。
[PR]
by pudina | 2012-06-01 00:08 | インド食の材料 | Trackback | Comments(0)