日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

間違えた!

去年インドに行った際の買い出しの成果は以前に書いたのですが、重いものやすぐに使わないものは後から帰ってきた夫に任せており、こんな感じで食材を持って帰ってくれました。
e0231646_1335725.jpg

この時は全く気付かなかったのだけど、先日クミンシードがなくなったので、インドで買ったものを開封しようと思ったら、何だか色と形が違うような・・・。クミンより色が濃くて、粒も尖った感じです。
e0231646_13362127.jpg

ラベルを見ると、SHAHJEERAって、やっぱりクミン(JEERA)じゃないです。前に何かのレシピにシャージーラと書いてあって、家にはないから代わりにクミンを入れたらいいやと思ったことはあるけれど・・・
e0231646_1414554.jpg

取り出してみると、違いがよく分かります。このシャージーラ、ミントのようなアニスのようなスースーする香りがかなり強烈で、どう考えてもクミンの代わりにシャージーラは使えないので、その日は仕方なくクミンの粉だけ使って食事を作りました。
e0231646_13413114.jpg

ちなみに後日買ってきたクミンの写真はこちら。
e0231646_13542044.jpg

シャージーラはどうしたものかとネットで調べてみると、これって英語でキャラウェイと言われるのらしくて、ヨーロッパでは、パンやお菓子に入れたり、ザワークラウトにも使うということでした。でもそんなものを作る予定はないので、もう少し調べてみると、インドではビリヤーニやプラオなどの米料理や一部の肉カレーに使うらしいことが分かりました。
ビリヤーニを作るのは結構大変だし、更に調べてみるとシャージーラでじゃがいもを炒めるというレシピを発見したので試してみました。
シャージーラが強烈なので、サンバルやラッサムには合いそうにないなと思い、ご飯はトマトライスにしました。トマトライスには、シナモンやクローブも入るのでシャージーラも入れてもいいかもと思い、控えめにシャージーラも投入。
e0231646_13573041.jpg

結果、シャージーラは火を通すと強烈な香りがかなりマイルドになるみたいです。トマトライスは全く違和感なく、前に作ったものより香り豊かになった感じで自画自賛ながらおいしかったです。ポテトの方がシャージーラが主張している感じだったけれど、そこまで癖があるわけでもなく、普通に食べられました。
シャージーラを炊き込んだご飯というのがあるみたいなので、今度はそれを試してみたいと思います。
[PR]
トラックバックURL : https://pudina.exblog.jp/tb/21978929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tanukidaponta at 2014-05-12 22:42
>ちなみに後日買ってきたクミンの写真はこちら。

クミンがなかったときは、歌を歌うポン~~

♪わたし、ま~つ~わ♪
(*o*)\(^-^;;ばき!
(それは、あみんポン~)

शाजीरा(シャジーラ)っていうのは、狸田、おそらく使ったことがないポン
芋炒めはおいしそうポンで、宿題がまた1つ増えてしまったポン~(笑)

Commented by pudina at 2014-05-13 21:29
狸田さん

♪わたし、ま~つ~わ♪
若いけれど、この歌は何とか知っているポン!(笑)
でも、あみんじゃなくて、クミンを待っていたポン~。

シャージーラってもしかすると、主人の家族も使ったことがないかもしれないポン。南インド料理ではほぼ使われることがないスパイスなので、品揃えのよすぎるスーパーに行ったのが間違いだったかもしれないポン。
by pudina | 2014-05-12 21:45 | うちでごはん(インド veg) | Trackback | Comments(2)