日々のインド料理の記録を中心に


by pudina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タイのオムレツライス 我が家流レシピ

タイでオムレツを乗せたご飯というと、こんな感じのものになるようです。
e0231646_21574960.jpg

このオムレツというか、多めの油で揚げるように焼いた卵焼きはカイジャオというようです。この時は、鶏ひき肉を少し卵に混ぜて焼いてみました。で、ガラス瓶入りのチリソースをかけようとしたのですが、振っても振っても出てこないので、途中であきらめてケチャップに切り替えました(笑)
でも、うちでは、タイのオムレツライスというと、以前からこれとは違うものを作っています。昔々バンコクのどこかの屋台で買ったもので、具のないオムレツと、辛くて赤いソースのような野菜炒めのようなものがご飯の上に乗せてあった料理が気に入って、再現しようと作り始めたものです。
当時は食べ物の写真は撮っていなかったし、どこの屋台で買ったかも覚えておらず、実際にどのような料理だったかは不明です・・・。カイヤッサイという具を卵で包んだオムレツでもなかったと思うし・・・。
というわけで元の料理がどんなものだったか説明ができないのですが、自己流タイのオムレツライスも結構おいしいので、レシピを書いてみます。

◆材料(2人分)
卵: 2から3個
鶏か豚ひき肉: 70gくらい(薄切り肉を刻んだものや、ツナ缶でもOK)
玉ねぎ: 1/4個
じゃがいも: 小2個
にんにく: 3かけくらい
トマト: 1個(缶詰の場合、約100g)
赤唐辛子(乾燥): 3本くらい
生の唐辛子: 1、2本
コリアンダーの葉と茎: 適量

(調味料)
ナンプラー: 大さじ3
鶏ガラスープの素: 小さじ1/2
砂糖: 小さじ1/2

材料はこんな感じです。
e0231646_22342149.jpg


◆作り方
1.玉ねぎ、じゃがいも、にんにくは皮をむき、野菜類は全て荒めのみじん切り~細かめの角切りくらいに刻んでおく。
e0231646_2239298.jpg

2.材料を順番に炒めていく。全てに火が通ればよいので、順番はどうでもいいのだけど、うちでは何となく、最初に赤唐辛子(乾燥)とにんにくを炒める。
e0231646_22411797.jpg

3.にんにくのいい匂いがしてきたら、玉ねぎ、生唐辛子も加えて炒める。玉ねぎが半透明になってきたら、じゃがいも、ひき肉も加えて炒める。
e0231646_22425575.jpg

4.ひき肉にほぼ火が通り、野菜類も6割方火が通ったら、トマトも加えて炒める。トマトが崩れてきたら、調味料を全て入れて、材料全てに火が通って、トマトや調味料の水分がある程度蒸発するまで炒める。コリアンダーは、火を止めてから混ぜるか、火を止める数分前に入れてもよい。
これで、オムレツの「具」は完成。
e0231646_22473577.jpg

5.卵は溶いて、塩胡椒少々またはナンプラー少々を混ぜて、焼いておく。
6.お皿にご飯を盛り付けて、焼いた卵と、具を乗せれば出来上がり。
e0231646_22512153.jpg


去年バンコクに行った時に、似たような見た目の料理を見つけたので、もしかして懐かしのオムレツライスかと思って買ってみたのですが、ご飯にかかっていたのは全然辛くないミートソースのようなものでした。
e0231646_23392.jpg

[PR]
by pudina | 2014-06-22 23:04 | うちでごはん(インド以外)